macOS Big SurのコードがFace IDがMacにも登場する可能性を示唆

macOS Big SurのコードがFace IDがMacにも登場する可能性を示唆

9to5MacはmacOS Big Sur beta 3で「PearlCamera」をサポートすることを意図したコードを持つ新しい拡張機能を見つけることができました

この拡張機能内で見つかった「FaceDetect」や「BioCapture」といったコードは、iOSで使用されているコードと類似していることから、AppleがmacOSをFace IDで動作させる準備をしていることが確認できます、このFace ID拡張機能は明らかにmacOS用に作られたものであり、Catalystテクノロジーの残骸コードではありませんでした

とはいえ、まだ実装は初期段階なので、AppleがTrueDepthカメラを搭載したMacの新モデルを発表してFace IDをサポートするまでには時間がかかるかもしれません

スポンサーリンク


現在のところ、キーボードに組み込まれたTouch IDによる生体認証機能を搭載しているのは、MacBook AirとMacBook Proだけです

MacにFace IDがあれば、コンピュータのロックを解除するのがさらに便利になるし、キーボードが内蔵されていないiMacにもぴったりフィットします、Touch IDはT 2セキュリティチップに依存しているため、Appleがこれを別のワイヤレスキーボードに追加することは現実的ではありません

もう1つの重要な側面は、A11 Bionicチップの導入以来、Aシリーズプロセッサの一部である「ニューラルエンジン」です、このニューラル技術は、機械学習モデルを使ってユーザーの顔の詳細をほんの数秒で分析するFace IDの基本的な仕組みですが、今のところ「ニューラルエンジン」を搭載したMacはありません

Apple自身も、Apple SoCを搭載するMacにはiPhoneやiPadと同じ「ニューラルエンジン」が搭載されることを認めているので、IntelプロセッサからMac上のApple Siliconチップへの移行によって、この状況は今年変わることになるでしょう

Face IDがMacでどのように機能するのか、これ以上の詳細は不明だが、おそらくiPhoneやiPadと同じように機能する可能性が高いです、また、Face IDに加えて、TrueDepthカメラはアニメーション化されたMemojiや拡張現実アプリとのより良い統合のような機能も可能にします

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)