macOSおよびIOS 12.2のSafari 12.1には、最新のインテリジェントトラッキング防止機能が含まれる

macOSおよびIOS 12.2のSafari 12.1には、最新のインテリジェントトラッキング防止機能が含まれる

Safari 12.1

AppleのWebKitブログで公開されている詳細によると、iOS 12.2ベータ版SafariとmacOS High SierraおよびmacOS MojaveのSafari 12.1には、インテリジェントトラッキング防止の最新バージョンが含まれています

Appleが言っているように、ITP 2.1はクライアント側のクッキー保存を7日に制限します
この期間が過ぎると、クッキーは期限切れになります、これはプライバシー、セキュリティ、そしてパフォーマンスの向上をもたらします

クロスサイトトラッカーは、持続的な追跡を目的として、ファーストパーティサイトの独自のクッキージャーを使用し始めました

Webサイトが適切な認証Cookieを使用している限り、Cookieの保存制限により、ユーザーがログアウトされることはありません、何故ならドキュメントを介して作成されたCookieにのみ影響するからです

スポンサーリンク


ITP 2.1では、サイトごとに複数ではなく1セットのCookieだけ使用でき、クロスサイトトラッキング機能を備えたサードパーティ製ツールでは、CookieにアクセスするためにストレージアクセスAPIを使用する必要があります

Appleは、この変更が開発者のためのクッキーの振る舞いを単純化し、Safariのメモリフットプリントを減らし、そしてインテリジェントトラッキング防止をより多くのプラットフォームと互換性を持たせると言います

(Source WebKit Blog , Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)