一部のApple Silicon MacユーザーがTime Machineによるバックアップの失敗が報告される

一部のApple Silicon MacユーザーがTime Machineによるバックアップの失敗が報告される

MacRumors ForumsRedditに寄せられた報告によると、Appleが内蔵するmacOS用のTime Machineバックアップソリューションは、最新バージョンのMontereyとBig Surを使用している一部のMacユーザに問題を引き起こしているようです

一部のユーザーは、MacやmacOSのバージョンによってTime Machineの問題が異なることを訴えていますが、特に、Monterey 12.0.1またはBig Sur 11.6.1を使用しているM1 MacユーザーのTime Machineバックアップが完了しないという共通の不満が表面化しています

この問題は、macOS MontereyおよびmacOS Big Surが最初にインストールされた後、またはオペレーティングシステムが最新のポイントリリースにアップデートされた後に、Time Machineが最初のバックアップを実行したときに発生するようです

Time Machine backups 002

RedditユーザーのMuhdakmi氏は、macOS Montereyで初めてバックアップを実行し、すべてが正常に見え、バックアップをディスクにロードしてストレージを占有します。しかし、完了して「クリーンアップ」と表示されると、突然「最も古いバックアップ:なし」および「最新のバックアップ:なし」と表示されます

メニューバーには、「最初のバックアップが完了するのを待っています」と表示されたままで、Finderでディスクのバックアップを確認すると、何もないのにストレージがいっぱいになっていました

スポンサーリンク


MacRumorsのフォーラムメンバーであるlikegadgets氏の報告によると

Monterey 12.0.1にアップデートしたばかりの新しいM1 MAX MacBook Proで、新規にセットアップを行いました、フォーマットしたばかりのドライブ(APFS暗号化)を2台、HDDとSSDを1台ずつ試しました

バックアップの終了には数時間かかり、ステータスは「初回バックアップの完了待ち」となっています

一部のユーザーは、macOSをクリーンインストールしたり、最初のバックアップをセーフモードで実行したりすることで問題が解決したと報告していますが、すべての人に当てはまるわけではなく、影響を受けたほとんどの人にとって普遍的な解決策を得ることは困難なままです

一部のユーザーは、Appleが最近のmacOSで実装したAPFSフォーマットの変更に関連しているのではないかと推測していますが、何が起こっているのかはまだ完全には明らかではありません

エラーに悩まされている人には、今のところ、SuperduperやCarbon Copy Clonerのようなサードパーティのバックアップソリューションを使うことです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)