macOS 10.15.5では、データをコピーするとFinderがクラッシュする問題が修正

macOS 10.15.5では、データをコピーするとFinderがクラッシュする問題が修正

macOS 10.15.5

MacOS Catalina 10.15 .5では、現在大量のデータを持つMacユーザーを悩ませているバグの修正も期待されています

Macに接続されたRAIDシステムにデータをコピーする際に、macOSのFinderがハングアップすることがありました

macOS Catalina 10.15.5 Beta 4で、Appleは本日、開発者向けにアップグレードの試用版をリリースしました、これにより大容量データの転送中にFinderがRAIDボリュームに反応しなくなる問題が解決されたとリリースノートで言及しています

今のところ、Appleがこのアップデートを利用して、通常の作業中に時々発生するクラッシュ問題や、アイドル状態で多くのユーザーが経験するシステムクラッシュにも対処するのかどうかは不明ですが、今回のアップデートでは、このような問題を解決することができます

新しいバッテリ最適化

macOS Catalina 10.15.5では、バグの修正に加えて、新たな機能も提供されます

iOSデバイスと同様に、AppleのMacBookにも「バッテリー状態管理」が搭載される予定です

この機能は、充電管理の計算に内蔵バッテリーの経年劣化や性能を考慮し、より確実で安全な作業を行うためのものです

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)