【macOS Catalina 10.15 】未サポートのMacでSidecarを有効にするスクリプト

【macOS Catalina 10.15 】未サポートのMacでSidecarを有効にするスクリプト

Sidecar

macOS Catalinaでは、Appleの「Sidecar」機能により、iPadをMacの追加画面またはグラフィックタブレットとして使用できます

ただし、macOS CatalinaをインストールできるすべてのMacモデルがSidecarをサポートしているわけではありません。さらに、この機能は一部のiPadモデルに限定されています

Sidecar 0629 00003 z

Appleのサポート文書「Sidecar で iPad を Mac の 2 台目のディスプレイとして使う」でのSidecarのシステム要件は、次のようになっています

macOS Catalina に対応した Mac

  • MacBook Pro (2016 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook (2016 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Air (2018 年以降に発売されたモデル)
  • iMac (2016 年以降に発売されたモデル、および iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015))
  • iMac Pro
  • Mac mini (2018 年以降に発売されたモデル)
  • Mac Pro (2019 年に発売されたモデル)

iPadOS 13 に対応した iPad

  • iPad Pro (全モデル)
  • iPad (第 6 世代) 以降
  • iPad mini (第 5 世代)
  • iPad Air (第 3 世代)

両方のデバイスでBluetooth、WLAN、およびHandoffのスイッチをオンにし、デバイス間の距離が10メートルを超えないようにする必要があります

スポンサーリンク

未サポートのMacのSidecar

これまでのところ、未サポートのMacでSidecar機能を試したいユーザーは、端末にone-linersをコピーすることができました

ただし、macOS Catalinaのリリース以降、Appleはこのオプションを無効にしています

そんな中、SidecarPatcherSidecarCorePatchは未サポートのMacでSidecar機能を試すことのできる2つの選択肢です

両方のスクリプトは、MacでSystem Integrity Protectionが無効になっていると想定し、Sidecarが承認したデバイスモデルのリストを変更します

ただし、公式にサポートされていないデバイスの画質はHEVCサポートがないため高品質ではありません

Sidecar 00001 z

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)