【Mac】バックアップツール「Carbon Copy Cloner 5.1.10」、起動可能なmacOS Catalina のバックアップを作成可能に

【Mac】バックアップツール「Carbon Copy Cloner 5.1.10」、起動可能なmacOS Catalina のバックアップを作成可能に

Carbon Copy Cloner 5

バックアップツール「Carbon Copy Cloner 5」の最新版 5.1.10で、macOS Catalina 10.15 の起動ディスクのバックアップを作成できるようになりました

作者の Bombich氏によると、ここまでたどり着くのは簡単ではなかったと言っています

Carbon Copy Cloner 5 00002 z

スポンサーリンク

macOS Catalina 10.15特有の変更

  • CCCは、macOS Catalinaスタートアップボリュームの起動可能なバックアップを行います。ほとんどの人にとって、知っておく必要があるのはそれだけであり、アップグレードに対応するために現在のタスクに変更を加える必要はありません。起動するmacOSのロジスティクスは、macOS Catalinaではもう少し複雑ですが、我々は挑戦に上昇し、CCCはそれを100%サポートし、これらの合併症のほとんどすべてが自動的に対処されます。
  • macOS CatalinaはAPFSを必要とし、それはAppleのレガシーHFS+フォーマットでフォーマットされたボリュームにバックアップすることはできません。macOS Catalinaシステムボリュームのクローンを作成する場合、CCCはこの要件を通知し、HFS+ フォーマットされた宛先を APFS に変換できるように許可を要求します。タスクを続行すると、CCC は自動的に宛先を APFS に変換します (可能な場合)。
  • macOS Catalina にアップグレードすると、スタートアップ ディスクと APFS 以外の宛先ボリュームを参照する既存のバックアップ タスクは無効になり、レビュー用にフラグが設定されます。この方法でスケジュールされたタスクが無効になっている場合、CCC は起動時に自動的に開かれ、これらの懸念事項が自動的に発生します。
  • CCC は、APFS ボリューム・グループをサポートするために必要に応じて、宛先にシステム・ボリュームとデータ・ボリュームを自動的に作成します。
  • APFS ボリューム・グループ・メンバーをソース(現在のスタートアップ・ディスク)として選択すると、CCC はシステム・ボリュームとデータ・ボリュームの両方の内容を、宛先の対応するシステム・ボリュームおよびデータ・ボリュームに自動的にコピーします。このために特別な設定は必要ありません、あなたは単にあなたが過去に持っているように、単に単一のソースと宛先を選択します
  • ほか

更新に関連するすべての更新および変更の詳細なリストは、ここにあります











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)