Mac Catalystアプリが今秋、Apple Payに対応

Mac Catalystアプリが今秋、Apple Payに対応

Appleは、iOS 14とmacOS Big Surのリリースに合わせて、Catalystアプリ向けにApple Payのサポートを展開する準備を進めており、これにより開発者は両OS間で合理化されたアプリ内決済体験を簡単に展開できるようになります

これまで、ゼロから構築されたものを含め、Catalystアプリは、支払いオプションとしてApple Payを統合することができませんでした

Apple Payのサポートを可能にするために、既存のデリゲートプロトコルに2つのコンティンジェンシーが追加されたとAppleは述べています

重要なのは、iPadアプリをMacに移植する際にApple Payを有効にするための変更は必要ないということです

スポンサーリンク


本日のリリースノートには明記されていませんが、iPadのネイティブアプリは、将来のApple製シリコンMacでもコードを変更することなく、この機能を実行できると考えられています

昨年のmacOS Catalinaで導入されたCatalystは、開発者が最小限の労力でiPadアプリをmacOSに移植したり、iPadOSとmacOSのアプリを同時に構築したりすることができるツールキットです

Appleは最新のmacOS Big Sur betaのリリースノートで、Apple Pay for Catalystのサポートについて言及していませんが、このプロトコルは今秋リリース予定の新しいオペレーティングシステムにも適用されると考えられています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)