時間や太陽の位置によってMacのショートカットを起動する「Shortery」

時間や太陽の位置によってMacのショートカットを起動する「Shortery」

時間やイベントに基づいてMac上でAppleのショートカットを制御したいユーザーにお勧めなアプリケイションに「Shortery」があります

最新のアップデートでは、ハンブルグの開発者 Lars Gerckens が、タイムトラッキングアプリ Tyme でも知られている、ショートカットの自動開始のための、より柔軟なオプションを実装しています

Shortery は、場所によって異なる日の出と日の入りの時刻をトリガーとして受け付けるようになり、これらの値を直接使用するだけでなく、時間や分単位で自由に設定できる時間オフセットを使用することもできます

Shortery 002
一般的に、Shortteryアプリは、定義可能なトリガーに基づいて自動化を実行する機能を提供することで、Appleの「ショートカット」アプリのユーザーが抱えるうっとうしいギャップを埋めるものです

スポンサーリンク


決まった時間や日の出や日の入りを基準値とする新しいオプションに加えて、Macの使用に関するさまざまなイベントを選択できます

たとえば、Macをスリープ状態にしたり、コンピュータをスリープ状態にしたり、キーボード操作を実行したり、特定のアプリケーションを起動したり、フォーカスモードを選択したり、特定のデバイスを接続したり、WLANに接続したりするなどのプロセスをトリガーとして使用できます

トリガーとしてのMacのアクションに焦点を当てることは最終的に決定的であり、結局のところ、アプリの機能を有効にするためには、コンピューターもインスピレーションの源として実行されている必要があります、しかし、基本的にはShorteryはバックグラウンドにとどまるので、ユーザーは何も気付きません

ただし、自分でショートカットを作成するには、macOSのショートカットアプリを使用する必要があります

Shorteryは、既存のショートカットのリストにのみアクセスでき、上記のオプションの範囲内でさらに自動化できます

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)