iA Writer 6がクロスドキュメントリンク、メタデータなどを追加

iA Writer 6がクロスドキュメントリンク、メタデータなどを追加

iA Writerは長い間、Appleのプラットフォームの主要なテキストエディタの1つでした、このアプリのデザインは最高で、Markdownで書くのに最適な選択肢の一つとなる機能を提供しています

何よりすばらしいのは、アプリの機能が執筆中に邪魔にならないことです、アクセスは簡単ですが、邪魔にはなりません、これは以前のバージョンと同じように、現在のiA Writer 6にも当てはまります

しかし、Markdownテキストエディター市場は急速に変化しており、様々な方法で相互にリンクしたメモやドキュメントを作成するツールは、テキストエディターやメモアプリにとって同様にすぐにテーブルステークスとなりました

iPhone、iPad、Macで利用できるiA Writer 6は、アプリの既存の機能セットとデザインに快適にフィットする、これらの変化への対応となっています、今回のアップデートでは、内部リンクに関しては、Obsidianのようなアプリには及びません、また、プラグインによる拡張性もありません

しかし、多くのユーザーにとって、iA Writerの完璧なデザインと考え抜かれた機能は、特定のパワーユーザー向け機能の不足を凌駕すると思われます

IA Writer 6 New 002

スポンサーリンク

バージョン6の新機能

ウィキリンク

他のアプリケーションと同様、文書間のリンクは、リンク先のテキストを二重の角括弧で囲むだけで簡単に作成することができます
IA Writer 6 New 003
左の角括弧を2つ入力すると、iA Writerは次に入力するテキストを検索クエリーとして使用し、アプリのライブラリに一致する文書があるかどうかを確認します、入力し始めると、テキストエディタのオートコンプリートウィンドウに一致する文書のリストがポップアップ表示され、矢印キーを使ってリンク先の文書を素早く選ぶことができます

IA Writer 6 New 004

iA Writerは、アプリのオーガナイザーパネルにある場所も横断的に検索します

ある文書から別の文書への内部リンクを辿りながら、iA Writerの戻る/進むボタンやメニューオプションを使って、その足取りをたどることができます、ただし、Obsidianと異なり、iA Writerには、現在の文書にリンクしているすべての文書の一覧を表示するバックリンク機能は搭載されていません

この違いは、iA Writerでは、内部的に並んだ文書から別の文書へ直線的に移動して戻ることはできても、現在の文書に至る経路の一部でない場合、閲覧中の文書にリンクする別のノートにホップすることはできないことを意味します

スポンサーリンク


これは、多くの人にとって破格の制限ではなく、Bearなどの他の一般的なテキストエディタがクロスノートリンクを実装しているのと同様ですが、双方向リンクに深く関わっている人にとっては言及する価値のあることでしょう、また、リンク先の文書の1つの名前を変更しても、内部リンクは更新されないことも特筆すべき点です

IA Writer 6 New 005

オートコンプリート機能

iA Writerのオートコンプリート機能は、コンテンツブロックやタグにも対応しています、コンテンツブロックは、あるファイルの内容を別のファイルに埋め込むための方法です

iA Writer 6では、スラッシュ文字を入力し、ファイル名を入力し始めます、ウィキリンクと同じように、ライブラリにあるファイルを提案します

コンテンツブロックとして追加するファイルを選ぶと、iA Writerのエディタに「/document.md」というフォーマットで表示されます、プレビューモードに切り替えると、追加したドキュメントブロックの全内容がインラインで表示されます

iA Writerは、以前に使用したタグに基づいて、ドキュメントの任意の場所をオートコンプリートすることもできます。

メタデータをサポート

iA Writerは、YAMLフロントマターとも呼ばれるメタデータをサポートしています、文書冒頭の3つのダッシュの間に置かれたキーと値のペアは、文書内で変数として使用でき、エクスポートやプレビュー時には表示されません

メタデータを含む文書の本文では、メタデータのキーを角括弧で囲み、次のように変数名の最初に%記号を付けます、[作成日] と記述すると、文書全体で変数がその値で置き換えられます

実際に使ってみると、次のようになります

IA Writer 6 New 006

コンテンツブロックメタデータ

iA Writer 6は、アプリの環境設定のMarkdownセクションで定義できるグローバルメタデータと、コンテンツブロックの後に追加されるコンテンツブロックメタデータもサポートしており、3本のダッシュで囲まれる可能性がありますが、その必要はありません、画像は、タイトル、高さ、幅のメタデータもサポートしています

IA Writer 6 New 007

スポンサーリンク

その他

iA Writerには、注目に値する追加的な変更点がいくつかあります

エディタやプレビューペインで⌘を押しながらスワイプすると、ドキュメントの履歴を前後に移動できます、同様に、⌘を押しながらライブラリ上をスワイプすると、ライブラリの履歴を素早く閲覧することができます

WebリンクやメールアドレスはiA Writerが自動検出し、カーソルがテキスト内にあるときに⌘クリックまたは⌘⏎を押すと、それぞれブラウザで開いたり、新しいメールメッセージを開始したりすることができます

さらに、完了したタスクには取り消し線と薄明かりが付き、テキストを強調するための新しいハイライトカラーが6色追加され、iPad版のツールバーには、一般的な書式設定コントロールに素早くアクセスできる稲妻の矢印ボタンが新たに追加されています

IA Writer 6 New 008

最後に、このアプリの完全なリリースノートを確認する価値があります。なぜなら、その他にもいくつかの小さな「クオリティーオブライフ」の変更と、キーボードショートカットの変更があり、見直す価値があるからです

ドキュメントのリンクは、メモを取るアプリやテキストエディタの間で必須の機能になっているため、アプリがバックリンクを公開することも望んでいますが、iAWriterがそれを追加するのを見るのは素晴らしいことです

(Via Macstories.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)