2022年の「MacBook」と「iMac Pro」でネーミング戦略の簡素化の可能性も

2022年の「MacBook」と「iMac Pro」でネーミング戦略の簡素化の可能性も

最近の噂によると、Appleは製品ラインアップのネーミングを簡素化しようとしている可能性があり、特に2022年に「MacBook」と「iMac Pro」を発売することが顕著だと言われています

Appleは、2022年にハイエンドのiMac、デザインを一新したMacBook Air、最新のMac mini、エントリーレベルのMacBook Pro、Apple Siliconを搭載したMac Proの5種類の新しいMacの発売を準備していると考えられています

複数の報道によると、Appleは2020年のMacBook Airの直接の後継機種を開発しているとされていますが、リーカーのDylandkt氏が最近発表した噂によると、この新モデルは「MacBook Air」というブランド名ではないかもしれないとのことです、その代わりに、単に「MacBook」となるのだといいます

Appleが「MacBook」を命名するのは初めてではありません、同社は2006年から2012年まで、そして2015年から2019年まで、「MacBook」を販売して来ました

スポンサーリンク


近年、アップルは「iMac」の主要モデルとして、21.5インチモデルと、よりパワフルな27インチモデルの2種類を販売してきました

今年の初め、21.5インチモデルは、M1チップを搭載した全く新しい24インチモデルに変更されました

27インチモデルは、まだデザインの変更やApple Siliconによるアップデートが行われていませんが、Dylandkt氏の別の噂によると、この新モデルは実際に「iMac Pro」と呼ばれる可能性があるとのことです

Appleは以前、他の2つのiMacモデルに加えて、2017年からスペースグレイのiMac Proを提供していましたが、同機は2021年初頭に販売終了となりました

来年発売されると噂されているiMacのハイエンドモデルは、24インチモデルと比べてデザインが変わり、ポートが増え、よりパワフルなチップが搭載されると予想されています

これらの変更により、Appleのラップトップには単に「MacBook」と「MacBook Pro」が、Appleのオールインワンデスクトップには「iMac」と「iMac Pro」が存在することになります

これは、主に「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」しか存在しないiPhoneと、Macをより一致させることにもなります

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)