Parallels 17.1 のアップデートで、Intel および M1 Mac における Windows 11 のサポートと macOS Monterey との互換性が向上

Parallels 17.1 のアップデートで、Intel および M1 Mac における Windows 11 のサポートと macOS Monterey との互換性が向上

Parallels 17.1 for Mac Parallels Desktop 17.1 for Macがリリースされ、Windows 11仮想マシンのサポートが改善され、将来および過去のすべてのWindows 11 VM に対してVirtual Trusted Platform Modulesをデフォルトで実装することで安定性が向上しています

Parallels 17 1 002

また、Parallels 17.1はホストOSとしてmacOS Montereyを完全にサポートしており、M1 Mac上のVMでmacOS Montereyを実行する際のユーザエクスペリエンスが向上しています

Parallels社のエンジニアリング担当副社長であるElena Koryakina氏は、Parallels Desktopは、ユーザがお気に入りのMacデバイスで最新バージョンのWindowsを実行できるようにするために重要な役割を果たしていることを知り、すべてのユーザが、すべてのMacデバイスでデフォルトでvTPMを有効にしてWindows 11にアップグレードできるように、シンプルなソリューションを開発しました

Apple M1およびIntelベースのMacコンピュータでWindows 11を実行する際には、注意すべき特定の要件があり、Parallelsはその詳細をブログに掲載していますが、今回のアップデートにより、一部のParallelsユーザの懸念は解消されるでしょうと述べています

スポンサーリンク


バージョン17.1では、vTPMの自動サポートに加えて、Apple M1 Mac上のmacOS Monterey VMにParallels Toolsをインストールし、VMとプライマリmacOSの間で統合機能のコピー&ペーストを使用できるようになりました

VirGL 3Dグラフィックスは、Parallels Toolsがインストールされていなくても最新のLinux VMで使用できますが、ParallelsはユーザにParallels Toolsのインストールを推奨しています

Parallels Desktop 17は完全にサブスクリプションモデルに移行しており、スタンダード版は年間79.99ドル、Pro版およびBusiness版は年間99.99ドルとなっています

以前のバージョンのParallels Desktopの永久ライセンスを購入したユーザは、49.99ドルでParallels Desktop 17にアップグレードできます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)