10月18日に発表されるとの噂のM1X MacBookProは、より長く待つ必要があるかも

10月18日に発表されるとの噂のM1X MacBookProは、より長く待つ必要があるかも

今、Macを購入するのはとてもエキサイティングな時期です、発表されたばかりのAppleのイベント「Unleashed」では、Appleの次世代システムオンチップの先駆けとなる、新しいMacBook Proが登場する可能性が高いです

最初のSoCである「M1」のデビューはとても華々しいものでしたが、「M1X」はその飛躍的な性能向上を実現するものです。噂されているデザイン変更や新機能と合わせて考えると、「Unleashed」は待ち遠しいイベントとなります

しかし、このような盛り上がりが、Appleにとっても、誰にもコントロールできない要因によって損なわれてしまう可能性も十分にあります

テクノロジー業界における部品やチップの供給問題に関する報道は、2021年を通して絶え間なく行われており、状況がすぐに変わる気配はありません

Moody’s Analytics社は月曜日に発表したレポートで、サプライチェーンの問題はさらに悪化する可能性があると述べています

MacBook Proが生産と供給の問題ですでに数ヶ月遅れているという報告は何ヶ月も前から聞かされており、新機種が発売されても入手がほぼ不可能になる可能性は非常に高いと言えます

スポンサーリンク

供給および要求の厳しいファン

iPhone 13ではすでにそのようなことが起きています

二週間ほど前のCounterpoint Researchのレポートでは、半導体不足はスマートフォン市場に大きな打撃を与えるだろうと言っていましたが、CounterpointのTom Kang氏はレポートの中で「Appleは最も回復力があり、AP不足の状況に最も影響を受けにくいようです」こう述べています

しかし、Appleが「Unleashed」イベントを発表した同じ日に、Bloombergは、Appleが半導体不足のためiPhone 13の生産目標を1,000万台も削減したと報じました

9月17日の午前5時(太平洋標準時)にiPhoneが発売されてすぐに購入した人は、1週間後の出荷時にはおそらく手に入れることができたでしょう、しかし、予約受付開始から30分も経たないうちに出荷日がずれ始め、午前中のうちにどんどんずれていきました

この記事を書いている時点では、iPhone 13 Proをオンラインで注文しても、お届け予定日は11月16日 – 11月23日 と手元に届くのは約1ヶ月後です

Apple Watchの多くのモデル、iPad mini、そして第9世代のiPadも同様です、つまり、品薄の影響を「最も受けない」ということは、約4週間待つことを意味します

しかも、MacBook Proはもっとひどいことになるかもしれません

スポンサーリンク

新しいMacを入手するためにできること

サプライヤーはできる限りのことをしていますが、Canalys社のRushabh Doshi氏が言うように、「供給状況が次から次へと変化する中、PCベンダーは、魔法の公式が存在しないこの複雑な需要と供給の問題を管理しなければならず、誰よりも苦労しています」

買ったばかりのMacがホリデーシーズンに間に合うように、ユーザーができることは10月18日に発表された新しいMacBook Proを買いたいとわかっているのであれば、できるだけ早く注文をするべきです

つまり、いつもより早起き(起きたまま?)して注文をする必要があるかもしれません

それができないのであれば、近くのApple Storeの在庫を確認して見ることです、ただし、自分のニーズに合わせてMacBook Proをカスタマイズすることはできず、在庫の中から選ぶことになるでしょう

(Via MacWorld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)