次世代Apple Silicon搭載の再設計されたMacBook Airが2022年第3四半期に量産開始

次世代Apple Silicon搭載の再設計されたMacBook Airが2022年第3四半期に量産開始

アナリストであるMing-Chi Kuo氏は、リサーチノートの中で、同社は2022年第3四半期に、より高性能なアップデートされた次世代Apple Siliconプロセッサを搭載した新型MacBook Airの量産を開始する計画だと述べました

Kuo氏は以前、新型MacBook AirはミニLEDディスプレイとより強力なApple Siliconプロセッサを含む全く新しいデザインになると述べていました

Kuo氏は以前、2022年半ばごろの発売を具体的に示しており、2022年第2四半期後半または第3四半期前半の量産開始時期をより具体的に示しています

BloombergのMark Gurman氏によると、新型MacBook Airは「薄型・軽量化」筐体、2つのUSB 4ポート、MagSafe充電コネクタを備えると述べています

スポンサーリンク


リーカーでYouTubeのパーソナリティでもあるJon Prosser氏が、今年初めに発売予定とされているMacBook Airの画像を公開しましたが、その中で最も注目すべきは、Appleが新型MacBookを24インチの M1 iMacに似たカラーバリエーションで発売する計画であることです

Appleは年内にいくつかのラインナップのMacをApple Siliconでアップデートすると予想されているにもかかわらず、MacBook Airはその一つにはならないようです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)