mini-LEDの不足により、デザインを一新したMacBook Proモデルの生産が遅れる

mini-LEDの不足により、デザインを一新したMacBook Proモデルの生産が遅れる

DigiTimesが本日発表した記事によると、mini-LED部品の不足が原因で、デザインを一新した14インチと16インチのMacBook Proの生産が遅れていると報じられています

昨日 DigiTimesは、再設計されたApple SiliconのMacBook Prosの出荷が今年の第3四半期に開始されると予測されていると報じていました

本日公開されたレポートの全文によると、Appleはこの新しいMacBook Prosを2021年の第2四半期に生産する予定でしたが、mini-LEDディスプレイ部品の不足により、次の四半期に延期せざるを得なくなりました

情報筋は、Appleは当初、この2つのノートブックを第2四半期に量産することを計画していたが、mini-LEDモジュールの歩留まり率が予想よりも弱かったため、スケジュールを延期したことを明らかにしました

スポンサーリンク


Appleは月曜日にWWDC 2021の基調講演を行いましたが、新しいMacBook Proが発表されるのではないかという一部の噂にもかかわらず、このイベントではハードウェアはまったく発表されませんでした

信頼できるBloombergのジャーナリストであるMark Gurman氏は、この新しいMacBook Proが早ければ今年の初夏に発売される可能性があると伝えています

デザインを一新したMacBook Proは、14インチと16インチの2種類のサイズがあり、今年11月に発表された「M1」よりも性能とエネルギー効率を向上させたApple Siliconチップを搭載すると予想されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)