新しいMacでは、macOS Montereyで別のMacを外部ディスプレイとして使用可能に

新しいMacでは、macOS Montereyで別のMacを外部ディスプレイとして使用可能に

macOS Montereyの主な新機能の一つに、iPhone、iPad、他のMacなどのAppleデバイスからMacにコンテンツをAirPlayできる機能があります

macOS Montereyの機能ページによると、MacへのAirPlayは、ワイヤレスでもUSBケーブルを使った有線でも動作します、Appleは、遅延がないことを確認したい場合や、Wi-Fi接続にアクセスできない場合は、有線接続が便利だと述べています

AirPlay to Macでは、Apple製デバイスのディスプレイをMacに拡張またはミラーリングすることができ、Mac同士で動作することを確認しています

これにより、対応するMacでは、別のMacを外部ディスプレイとして使用することが可能になります

AirPlay to Macがワイヤレスでも有線接続でも動作することで、Appleは、2009年から2014年までのiMacモデルを別のMacの外部ディスプレイとして使用できる「ターゲットディスプレイモード」の復活に近づいています

スポンサーリンク


ただし、今回のAirPlayの新機能は、ターゲットディスプレイモードを完全に置き換えるものではありません、というのも、AirPlayではMac間で送信されるビデオが圧縮されており、少なくともある程度の遅延が発生する可能性があるからです

macOS Montereyからは、対応するMacがAirPlay 2スピーカーソースとしても機能するようになり、AppleデバイスからMacに音楽やPodcastをワイヤレスでストリーミングしたり、マルチルームオーディオのセカンダリースピーカーとしてコンピュータを使用したりできるようになりました

AirPlay to Macは、2018年以降のMacBook ProまたはMacBook Air、2019年以降のiMacまたはMac Pro、iMac Pro、および2020年のMac miniで動作します

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)