Apple、iPhone 13の主要カメラ部品の発注量がAndroid市場全体を上回る見込み

Apple、iPhone 13の主要カメラ部品の発注量がAndroid市場全体を上回る見込み

DigiTimesの報道によると、iPhone 13シリーズに搭載されるカメラの大幅なアップグレードにより、Appleが要求する主要なレンズ部品への対応がサプライヤーに求められています

Appleは、台湾のボイスコイルモーター(VCM)部品メーカーに対し、今年のAndroid市場全体を上回ると予想されるApple社の需要に対応するため、生産能力を30〜40%増強するよう通達したと報じられています

AppleのVCMに対する注文の引き合いは、早ければ今月にも堅調に推移し、7月には急増し始めると予想されます

一方、AndroidメーカーのVCM需要が減少しているのは、Huawei社が米国で課した制裁措置の影響があります、とは言えAppleはカメラモジュールのレンズの数と品質を増やし続けているため、カメラのレンズフォーカス機能に関与するVCMコンポーネントがますます多く必要になっています

スポンサーリンク


今年、AppleはiPhone 13のカメラを大幅に改良すると予想されています

新しいProモデルには、アップグレードされたより広いf/1.8口径の超広角カメラレンズと6素子レンズが搭載される可能性が高く、噂では、超広角アップグレードはiPhone 13の4モデルすべてに提供される可能性があると言われています

センサーシフト方式の手ぶれ補正は、iPhoneの全ラインアップに拡大され、低照度でのパフォーマンスの向上と手ぶれの軽減による手ぶれ補正が導入されると予想されており、この機能は、Proモデルのワイドレンズとウルトラワイドレンズに搭載されると噂されています

また、ある噂では、新しいiPhoneモデルでは、ポートレートモードの動画を撮影できるようになるとも言われています

さらに、iPhone 13モデルには、空を撮影するための天体写真カメラ機能が搭載されるという噂もあります、これには、iPhoneを空に向けると起動する特別なモードが含まれる可能性があり、月や星などの人工物を検出して露出を調整することができます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)