Apple Silicon M1 24インチiMacに関する注意事項

Apple Silicon M1 24インチiMacに関する注意事項

初代iMacは、色にこだわった製品でした、ボンダイブルーの初代モデルをはじめ、後続モデルもさまざまな色やデザインのものが登場しました、使うために買うのではなく、見るために買うコンピュータだったのです

Appleが様々な色のiMacを発売してから20年が経ちましたが、ここに来て、その色が出てきました、新しい24インチのM1 iMacが発表され、グリーン、イエロー、オレンジ、ピンク、パープル、ブルーの全色と、Apple最高の非カラーであるシルバー、1台のiMacに7つのカラーバリエーション、なんと贅沢なんでしょう

Notes on the M1 iMac 00002

アクセサリ

  • 154,800円の基本モデルは、ブルー、グリーン、ピンク、シルバーの4色が用意されています、出荷時のデフォルト設定では、色が同じMagic KeyboardでTouch IDは付いていません
  • 高価なモデルは7色で提供されており、出荷時には色が同じMagic Keyboard Touch IDが搭載されていいます(154,800円のモデルの購入者は、このキーボードに追加料金を支払うことで変更出来ます)。
  • どちらのモデルの購入者も、色がマッチしたTouch IDとテンキー付きMagic Keyboardに追加料金を支払うことができます
  • どのモデルを購入しても、色がマッチしたMagic Mouseや、注文を変更した場合は色がマッチしたMagic Trackpadを購入することができます

これらを合わせると、iMacの新色7色だけでなく、キーボードのバリエーションが18種類、ポインティングデバイスのバリエーションが14種類となります

Notes on the M1 iMac 00003

発売当初は、iMacを購入した人にのみ提供されますが、これまでの経緯を踏まえると、いずれは誰でも購入できるようになるでしょう

スポンサーリンク


これらのアクセサリは、最終的には個別の購入が可能になることを示唆するヒントが1つあります、それは、他のMacでも使用できることです

具体的には、Touch IDを搭載した新しいMagic Keyboardモデルは、iMacだけでなく、すべてのM1 Macに対応しています

これらのデバイスはすでに使用されており、近いうちに他のMacでもこれらの色が使えるようになる可能性は高いと思われます

カラーマッチのアクセサリといえば、iMacの新しいマグネット式電源プラグも忘れてはなりません、これはMagSafeがAppleのラップトップに戻ってくるという噂を裏付けるものではないですが、iPadの背面、iPhone 12のMagSafeマグネット、そして今回とAppleがマグネットに力を入れていることを示しています

現実的には、iMacからマグネット式電源ケーブルを引き抜くのに必要な力は、現行のiMacのプラスチック製電源プラグをソケットから引き抜くのに必要な力と同じです、そのため、マグネットを採用したことが原因で、iMacの電源プラグが外れるような惨事が相次ぐことはなさそうです

iMacの電源コード

編み込み式の電源コードはカラーマッチングされており、マグネットで取り付けられます、もちろん、Appleはこの電源ケーブルにも多くのバリエーションを持たせています

iMacのカラーに合わせた7種類の電源ケーブルを、床に置くことを想定した白い電源ブリックに接続しています

Notes on the M1 iMac 00005

また、この電源ケーブルにはイーサネット用の端子が付いているので、机の上を這うようにしてiMacの背面に接続するケーブルが1本少なくて済みます

スポンサーリンク


Appleは7種類ではなく11種類のブリックを作ることになります、というのも、デフォルトでは、154,800円のベースモデルには、イーサネットを備えたパワーブリックが付属していないからです

そのブリックには、イーサネットが全くありません、追加料金を払えば、イーサネットを備えたブリックを手に入れることができます

昨年秋に発表されたM1 Macと同様に、iMacの接続状況(ポートの話)は興味深いものです、すべてのM1 Macには、Thunderboltポートを2つしか搭載していません

M1 Mac miniには、USB 3ポートが2つ追加され、接続性が向上した旧式のUSB-Aコネクタが装備されているM1 iMacのハイエンドモデルには、新型のUSB-Cコネクタを備えたUSB 3ポートが2つ追加されています

Notes on the M1 iMac 00004

USB 4/ThunderboltはもちろんUSB-Cコネクタも使用しているため、より高価なiMac構成のユーザーがThunderboltデバイスを使用する場合は、上部に稲妻記号が付いたポートに接続する必要があります、そうでなければ動作しません

iMacの背面と側面は明るくて楽しい雰囲気になっています、スクリーンの下にある”あご “の部分はソフトな色になっていますが、これは理解できると思います、また、ディスプレイの周りの白いベゼルについては、まだよくわかっていません、中性的できれいなフレームになるのか、それとも邪魔になるのか。実際に見てみないと判断できません

Appleが引き続きVESAマウント対応のiMacを提供していることには、喜ばしいことです

残念ながら、別売りであり続けていること、つまり、一度VESAマウントモデルを注文すると、通常のスタンドに戻すことはできないのです、別売のVESAスタンドを購入する必要がありますが、カラーマッチングはできません

しかし、iMacのスタンドで最も残念なのは、高さが調整できないことです、Pro Display XDRスタンドは高さを調節でます、このスタンドはiMacのローエンドモデルとほぼ同じ価格です、おそらく気の利いたアクセサリー会社は、カラーマッチのアルミ製iMacスタンドを計画しているでしょう

良いニュースと悪いニュース

Macには1,080pのWebカメラが搭載されています、M1チップの画像処理と組み合わせることで、Appleが新しいiMacのカメラはMac史上最高のカメラだと主張する理由がわかります、しかし、そのハードルは非常に高いものです

一方、新しいiPad Proには超広角カメラを追加しました、機械学習ベースのソフトウェアを使って、画像をダイナミックにズームしたりパンしたりして、ユーザーをフレーム内に収めます

Appleが設計したプロセッサへの移行は素晴らしいことですが、この新しいウェブWebカメラが今までで最高だと喧伝されているという事実は、いくつかの分野でMacがどれだけ遅れているかを示しています

Appleは素晴らしいスピーカーと 「スタジオ品質の」 マイクを持っていると言っているので、楽しみです

Appleはしばらく前からラップトップに関してこのような主張をしてきましたが、どこから来ているのかは理解できるが、誇張しがちだと思われます

Appleのラップトップのマイクはかなり改良され、複数のマイクとビームフォーミングを使ってアルゴリズムによるノイズキャンセルを行い、よりクリーンな入力を実現しています

新しいiMacもそうだと思いますが、これはiMacを使っている人とZoom通話をするすべての人にとって、素晴らしいニュースになるでしょう

Notes on the M1 iMac 00006

スピーカーに関しては、iMacのスピーカーは思ったよりも良いが外付けスピーカーには及びません、本当に期待されるのは外部スピーカーを机の上に置くのを止めるのに十分なスピーカーセットですが、難しそうです
(Via Six Colors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)