Apple、「Hello 」スクリーンセーバーをmacOS Big Sur 11.3に追加

Apple、「Hello 」スクリーンセーバーをmacOS Big Sur 11.3に追加

macOS Big Sur 11.3には、新しいiMacモデルのためにデザインされたと思われる隠れた「Hello」スクリーンセーバーが含まれていますが、このスクリーンセーバーは11.3アップデートを実行しているすべてのMacにインストールすることができます

この新しいスクリーンセーバーはデフォルトでは利用できませんが、簡単な操作を行うことで、M1以外のiMacでも利用することができます

macOS Big Sur 11.3を搭載したMacで

  1. 「システム」フォルダを開きます
  2. 「ライブラリ」をクリックします
  3. 「スクリーンセーバー」をクリックします
  4. Hello 00001

  5. 「Hello.saver」ファイルをデスクトップにドラッグします
  6. 「Hello」ファイルを別の名前に変更する
  7. Hello 00002

  8. ファイルをダブルクリックする
  9. 画面の指示に従ってインストールします
  10. Hello 00003

その後、「システム環境設定」>「デスクトップ」>「スクリーンセーバー」>「スクリーンセーバー」で、Macのスクリーンセーバーの一覧に「ハロー」スクリーンセーバーがオプションとして追加されます

Hello 00004

スポンサーリンク


この「Hello」スクリーンセーバーは、様々な色が循環し、「Soft Tones」、「Spectrum」、「Minimal」などのテーマが用意されています

「Soft Tones」は、新しいiMacで導入されたパステルカラーとそれに合わせた色のテキストを使用し、「Spectrum」は、より彩度の高い色と明るいテキストを使用しています、「Minimal」は、「Hello」の文字を黒、白、グレーで表示します

デフォルトでは、スクリーンセーバーは “Hello “を複数の言語で表示しますが、「スクリーンセーバーオプション」の「”Hello “をすべての言語で表示する」をオフにすることで、強制的に母国語のみで表示することができます

Hello Screen Saver 00002

また、「システムの外観に合わせる」トグルも用意されており、ライトモードとダークモードの環境設定を合わせるために使用できます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)