Apple、カフレス血圧モニタリング技術を開発中

Apple、カフレス血圧モニタリング技術を開発中

Appleは、ニュートラルネットワークと心拍数データを利用してユーザーの血圧を検出し、血圧計を必要としない技術を開発しています

木曜日に公開された特許申請書によると、Apple Watchと組み合わせて使用する可能性のあるウェアラブルデバイスが、追加の周辺機器を必要とせずにユーザーの血圧を監視できる日が来るかもしれません

Interpretable neural networks for cuffless blood pressure estimation(カフレス血圧推定のための解釈可能なニューラルネットワーク)」と題されたこの特許出願では、心電図データを用いてニューラルネットワークで血圧を推定することが検討されています

電気信号を使って心拍数をモニターする心電図とは異なり、サイスモカルジオグラムは心臓の鼓動によって生じる微小振動を測定するものです

着用可能と考えられるほど小型の心電計があるが、これらの高感度システムは通常、心臓内またはその近くの微小振動を測定するために使用者の胸骨の上に設置され、ニューラルネットワークはそのデータを使用して血圧を推定します

スポンサーリンク


一例として、Appleは、被験者の集団から得た心電計データと血圧測定値でニューラルネットワークを訓練することによって、ベースラインモデルを作成することができます、このベースラインを使用して、システムは後続のユーザのためにモデルをプルーニングできま、最初のデータセットは、さまざまな座りがちな作業を行うユーザーから収集されます

Appleは、このニューラルネットワークを使って、カフを使わずにユーザーの血圧を正確に推定できると主張しています

特許で指摘されているように、このシステムでは、Appleのデバイスにすでに搭載されている「加速度計および/またはジャイロスコープのデータに基づいて血圧を決定する」ために、ニュートラルネットワークを使用することができます

Apple Watchのリリース以来、Appleはこのデバイスの健康ツールキットを継続的に拡張しており、Appleが健康志向のアクセサリーのセットを構築しようとしている可能性もあります

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)