Macのメニューバーのカラーをカスタマイズできるアプリ「Menu Bar Tint」

Macのメニューバーのカラーをカスタマイズできるアプリ「Menu Bar Tint」

ソフトウェアスタジオ「Many Tricks」が提供する無料のミニアプリケーション「Menu Bar Tint」は、自分のシステムの外観を細部までカスタマイズして設定するのが好きなMacユーザーを対象としています

ダウンロードサイズは1 MB弱で、メニューバーに好みの色を付けることができ、システム標準に代わるものを提供し、macOS Big Surではメニューバーが表示され、その色はアクティブな背景画像の影響を受けます
Menu Bar Tint 00004
「Menu Bar Tint」を起動すると、メニューバーの上部、中央、下部の3つのグラデーションカラーをアプリで選択できます、これらのカラーは、システム独自のカラーピッカーを使用して選択でき、ここで透明度を設定することもできます
Menu Bar Tint 00002
「Menu Bar Tint」は、「透明度を下げる」オプションがすでに有効になっているシステムでも使用できます

これは、 「システム環境設定」>「アクセシビリティ」>「ディスプレイ」 領域のシステム設定でオンにすることができ、メニューバーの配色を根本的に変えることができます

スポンサーリンク


Menu Bar Tint 00003
開発者によると、このアプリケーションは当初、Macで「透明度を下げる」を有効にしているユーザーのために書かれたものだったそうです

「Menu Bar Tint」は、カラーリングに加えて、マウスポインタがメニューバーに重なったときの反応を定義することもできます

メニューバーの色合いを永続的に使用するには、「システム環境設定」>「ユーザーとグループ」>「現在のユーザー」>「ログイン項目」で手動で追加する必要があります、「Menu Bar Tint」には現在、自動起動オプションがありません

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)