【Mac】メニューバーのアクティビティインジケーター「Vitals」

【Mac】メニューバーのアクティビティインジケーター「Vitals」

Appleのアクティビティモニタは、リソースを大量に消費するアプリケーションやプロセスを探すときに便利なツールです

しかし、AppleがmacOSで提供しているユーティリティーは、あまりにも広範囲で、その結果、このような作業には遅すぎたり大きすぎたりすることがあります

Harry Mar氏は、自身のアプリ「Vitals」で、Macアプリケーションとプロセスのリソース消費をバックグラウンドで監視する小さなメニューバーツールを作成しました

Vitalsの助けを借りて、最もCPUに負荷がかかる20のプロセスのリストを、マウスをクリックするだけでいつでも利用できます
Vitals 00002
Vitalsを利用する際の特別な利点は、アプリが過去60秒間の利用状況を表示するため、システムが再び落ち着いたときにも原因を認識できることです

スポンサーリンク


同氏は次のように述べています

私は、VitalsがActivity Monitorの完全な代替品になることを意図していません。アクティビティモニタができることで、Vitalsができないことはたくさんあります。しかし、CPUスパイクの原因を突き止めるには、Vitalsは便利なツールだと思います

VitalsはGitHubの開発者ポータルから無料でダウンロードできます

ダウンロード後、右クリックしてコンテキストメニューの「開く」ダイアログを開いて、アプリケーションを最初に起動します

アプリはメニューバーから開くことができます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)