macOS Big SurのアップデートでMacBookのカメラが壊れる

macOS Big SurのアップデートでMacBookのカメラが壊れる

幸い、これまでのところBig Surカメラの問題は免れていますが、影響を受ける人の数は着実に増加しています

この問題はおそらく昨年のmacOS Big Surの最初のリリースから存在していたが、最新バージョン11.2.3へのアップデートに関連して、アップデート後にMacBookカメラが動作しなくなったとユーザーが報告しています

当初は偶然と考えられていたものが、影響を受ける人の数が増えていることを考えると、Big Surのアップデートに実際に関連しているようです

Appleフォーラムでの関連する議論は24ページ以上に及び、500人以上のMacBook所有者がこの問題の影響を受けていると述べていいます

OS X Big Surにアップデートしてから、カメラが使えなくなりました。これは、FaceTime、Zoom、Teamsなど、すべてのアプリケーションに当てはまります。
再起動を試みましたが、効果はありませんでした。
どうか、助けてもらえませんか?

Wrecks MacBook cameras 00002

スポンサーリンク


このアップデートによってMacBookのカメラが撃ち殺されたifun.deの読者から対応する報告では、影響を受けたコンピュータを完全に再インストールしても、機能を復元できませんでした

Appleコミュニティーで読んだことがありましたが、今回私もそれにも気付きました。Macbook Air 2015が11.2.3にアップデートされ、カメラが反応しなくなりました (緑のみ点滅) 。[中略] 一部のユーザーは、Appleが実際に、Updateがすでに「欠陥品」または「欠陥品になりかけている」ハードウェアコンポーネントに衝動を与え、その後、動作しなくなる可能性があると述べたと言われています

Appleがユーザーフォーラムで引用した「kill impulse」は苛立たしいものであり、おそらくこの種の行動はAppleが意図したものでも、責任者が容認されるべきでもないものと推測できます

Appleは、アップデートと直接関係があることが明らかであり、したがって製造元が責任を負うため、不正行為の原因をできるだけ早く調査する必要があります

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)