Apple、21.5インチiMacの512GBと1TBのSSDオプションを廃止

Apple、21.5インチiMacの512GBと1TBのSSDオプションを廃止

AppleがiMac Proを正式に廃止した後、Retina 4Kディスプレイを搭載した21.5インチiMacが同様になる製品のようです、その一方で、アップグレードの噂も絶えません

MacRumorsが最初に発見したように、21.5インチのiMacは現在、256GBのSSDと1TBのFusion Driveのオプションのみが用意されています、それ以前は、512GBと1TBのSSDオプションも選ぶことができました

3月初め、両方のオプションを購入できなくなりましたが、コンポーネントの供給の問題による一時的な問題なのか、オプションを提供しないという恒久的な決定なのかは当時は不明でした
21 5 iMac 0321 00002
Appleは、影響を受ける両方のSSDオプションを「iMac」の構成ページから完全に削除し、256GBSSDと1TBFusionDriveをお客様の唯一のオプションとして残しました

スポンサーリンク


iMac 4Kが消費者にとって購入できる選択肢が少なくなったことで、Apple Siliconを搭載したiMacが早々に登場する可能性があります

12月にブBloombergは次のように報じています、

AppleはM1の後継機に取り組んでおり、最大20個のCPUコアを搭載し、16個の高性能コアと4効率コアで構成されています。2021年には、ハイエンドのMacBook Pro、エントリーレベルとハイエンドの両方のiMacデスクトップの両方にARM版を展開すると予想されている

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)