2016 年/2017 年モデルの MacBook Pro のバッテリー充電が 1 % から先に進まない場合、無料のバッテリー交換を提供

2016 年/2017 年モデルの MacBook Pro のバッテリー充電が 1 % から先に進まない場合、無料のバッテリー交換を提供

Appleは今日macOS Big Sur 11.2.1をリリースし、2016と2017のMacBook Proでバッテリーの充電ができなくなる問題に対処しました

Appleは、13インチと15インチのMacBook Proの2016年と2017年モデルを使用している「ごく少数のお客様」が、バッテリーが1%を超えて充電されないという問題を経験したとしています

影響を受けたノートブックのバッテリーの健康状態は「修理サービス推奨」と表示されます、使用のMacのモデルを特定するには、画面左上のAppleロゴをクリックし、「このMacについて」をクリックします

以下のモデルがこの問題の影響を受ける可能性があります

  • MacBook Pro (13 -inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2016)
  • MacBook Pro (15- inch, 2017)

スポンサーリンク


MacBook Proでこの現象が発生した場合は、Appleに連絡してバッテリを無償で交換するように指示しています

Appleによると、サービス開始前にノートPCを調査し、無償交換の対象になるかどうかを確認するとしています

使用のMacBook Proでこの問題が発生していない場合でも、予防措置として、できるだけ早くmacOS Big Sur 11.2.1にアップデートすることを強くお勧めします、この問題を回避するmacOS Catalina 10.15.7 Supplemental Updateもあります

macOS Big Surユーザーは、 「システム環境設定」アプリを開き、 「バッテリー」 をクリックし、サイドバーの 「バッテリー」 を選択して、「バッテリーの状態」をクリックすることで、バッテリの保守が必要かどうかを判断できます

macOS Catalinaまたはそれ以前のバージョンでは、Optionキーを押したままメニューバーのバッテリアイコンをクリックすると、バッテリの状況メニューが表示されます

(Source Apple , Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)