Apple、M1 MacユーザーによるiPhoneおよびPadアプリのダウンロードを再びブロック

Apple、M1 MacユーザーによるiPhoneおよびPadアプリのダウンロードを再びブロック

9to5Macは先月、AppleがサポートされていないiOSアプリをM1 Macにサイドロードするのを防ぐ新しい方法を実装していると報告しました、これは実際にはサーバー側の変更でしばらくの間有効になり、その後すぐに元に戻りました

先週のmacOSBig Sur 11.2リリースに続いて、AppleはM1 MacでのiOSアプリのサイドロードプロセスを公式にブロックしたようです

M1チップはiPhoneやiPadチップと同じARMアーキテクチャをベースにしているため、Appleは開発者がMac App StoreでiOSアプリを提供できるようにしています、しかし、一部の開発者はM1 MacユーザーにiOSアプリを提供しないことを選択しています

iMazingのようなツールのおかげで、App Storeから購入したiOSアプリのIPAファイルをダウンロードし、M1 Macに手動でインストールすることが出来ました

スポンサーリンク


9to5MacはM1 MacでmacOS Big Sur 11.2とmacOS Big Sur 11.3 betaの両方を使って異なるiOSアプリをサイドロードしようとしましたが、インストール出来ませんでした

すでに報告したように、これはオペレーティングシステムのDRM (デジタル著作権管理)保護を管理するAPIに関連したサーバー側の変更です

macOSは、アプリがMac上で動作することを意図していないというメッセージを表示するようになりました

Appleが最初にM1 Macのサイドロードプロセスをブロックしたとき、同社はmacOS Big Sur 11.2がベータリリースとしてしか入手できなかったため、新しい制限をテストしていた可能性が高く、今は本当にブロッキングしているようです

現時点では、M1 Mac上でiOSアプリをサイドロードするための既知の回避策はないため、Appleが再び決定を覆すか、他の誰かがOSを変更して互換性のあるMac上にiOSアプリをインストールできるようになるかどうか、様子を見る必要があるだろう

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)