Mac、無料のスクリーンセーバー「Aerial」がバージョンアップで天気情報を表示

Mac、無料のスクリーンセーバー「Aerial」がバージョンアップで天気情報を表示

Aerial

無料のAerialアプリを使えば、Apple TVのスクリーンセーバーのアニメーションをMacで楽しむことができます

最新のソフトウェアアップデートで、現在の気象情報を表示するオプションが提供されています

新しくリリースされたAerialバージョン19.0では、天気データを表示するソースとしてYahooを使用しています
Aerial 19 0 00002 z

スポンサーリンク


設定のinfo領域で、どの都市の情報を表示するかを指定でき、ディスプレイの位置およびデザインは、画面上で決定することもできます

バージョン19.0のアップデートでは、バッテリインジケータの記号など、さらなる改良が加えられています

たとえばAerialを使うと、ニューヨークやサンフランシスコ、ハワイなどAppleの印象的な場所の航空写真や、tvOS 13以降にスクリーンセーバーとして提供されている水中ビデオをアクティベートすることができます

インストール方法

  1. 「システム環境設定」を終了します
  2. オフィシャルサイトより「Aerial.saver.zip」をダウンロードし解凍します
  3. 解凍した「Aerial 2.saver」をダブルクリックします
  4. インストールのダイアログが表示されるので「インストール」をクリックします
  5. Aerial 19 0 00004 z

  6. 「システム環境設定」のスクリーンセーバーが表示されるので「スクリーンセーバーのオプション」をクリックして設定します
  7. Aerial 19 0 00003 z











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)