Edison Mailのバグで他のユーザーのメールアカウントへのアクセスが許可される

Edison Mailのバグで他のユーザーのメールアカウントへのアクセスが許可される

Edison Mailの開発者らは、一部のユーザーが他のユーザーのアカウントにアクセス可能な新しい同期機能でセキュリティ問題を発見したことを受けて、金曜日にリリースされたメールアプリのアップデートを撤回しました

Edisonは、サードパーティ製のメールアプリのユーザーが、MacやiPhoneを含むAppleデバイス全体でアカウントを同期することができる新機能を追加しました

The Vergeが報じたように、ユーザーは自分のデバイスではなく、見ず知らずの人のメールアカウントが自分のデバイスに表示されている様子をソーシャルメディアに投稿していました

その発見から10時間後、Edison Mailの開発者らはアプリに脆弱性があったことを認めました

同社はすぐにアップデートを撤回し、事件の通知に影響を与えたユーザーに連絡を開始し、他の誰かが彼らの電子メール アカウントへの一時的なアクセスを持っていた可能性があります

スポンサーリンク


Edisonは2月に、ユーザーのデータを収集し、ユーザーのメッセージの内容を監視してワンクリックボタンでアクションや定型文の回答を提供する数多くのアプリの1つとして特定されました

2月の報告書では、Edisonがユーザーの電子メールを集めることで得たデータを金融、旅行、Eコマースの顧客に販売したとされています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)