Apple、2021年に複数のARM搭載Macデスクトップとラップトップモデルを発表か

Apple、2021年に複数のARM搭載Macデスクトップとラップトップモデルを発表か

TF証券のアナリストMing-Chi Kuo氏によると、Appleは2021年にカスタムARMプロセッサを複数のMacモデルに統合し、MacデスクトップとMacBookの両方にまたがるデザインになると予測されています

投資家へのメモの中で、Kuo氏は、Appleは2020年の第4四半期または2021年の第1四半期に実を結ぶはずの「積極的なプロセッサ交換戦略」を進めていると述べています

この動きの一環として、Appleは来年、Macのデスクトップやラップトップのより幅広い選択肢の中にARMチップを導入する予定だと思われます

Appleがチップの設計と製造を担当することで、同社は市場の需要のピーク時に新しいMacのモデルを投入できるようになると、Kuo氏は言います

スポンサーリンク


ARMを搭載したMacは、ほとんどがIntelやAMDのプロセッサに頼っているWindows PCとは市場で差別化を図ることができます

AppleがiOSデバイス向けにSamsung製のARMチップからTSMC製のAシリーズシステムオンチップ設計に移行したように、Macもまた、価格と供給面で明確な競争上の優位性を得ることができるはずです

Appleは、2010年にiPhone 4のA4 SoCを搭載した初のAシリーズチップを発表した直後から、10年近く前からMacプラットフォームをARMに切り替えるのではないかと噂されてきました

ARM搭載Macの具体的な噂が出たのは2月のことで、Kuo氏は2021年前半にハードウェアが登場すると予想していました

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)