Apple T2 セキュリティチップを搭載したMacが黒い画面を長く表示するのは何故か?

Apple T2 セキュリティチップを搭載したMacが黒い画面を長く表示するのは何故か?

黒い画面

Apple T2 セキュリティチップを搭載したMacの場合、ファームウェアを更新するたびに、ディスプレイが黒くなり、少なくとも数分間死んでしまいます

それを強制的にシャットダウンさせる誘惑は着実に増加します

Apple T2 セキュリティチップを搭載したiMac Pro、MacBook Pro、Mac mini 2018やMacBook Air 2019において、黒い画面は常に心配するほど長いです

Apple T2 セキュリティ chip 00003 z

では、なぜそれらが発生し、それらについて何がおこっているのでしょう?

スポンサーリンク

ブートプロセスの主要な段階

Apple T2 セキュリティ chip 00002 z

Apple T2 セキュリティチップを搭載したMacが標準のフルセキュリティモードで起動している場合、ユーザーがログインディスクにパスワードを入力して起動ディスクにアクセスすると、T2はブートローダーと他のコンポーネントの署名をNVRAMに保存されている値に対して比較する必要があります

一致しない場合、macOSを再インストールするかセキュリティレベルを下げるかを決定する前に、整合性情報をAppleからダウンロードする必要がある場合があります

これらのチェック中に、T2ではなくメインチップセットからディスプレイが駆動されるため、MacのIntel側をシャットダウンしてグラフィック表示を防ぐ必要があるフェーズがあり、つまり、黒い画面です。

Apple T2 セキュリティチップのファームウェアを更新する場合、この状況はさらに重要で、これには、Appleから直接ダウンロードして確認し、インストールすることが含まれます

更新プログラムのこの期間のほとんどの間、Intel側をシャットダウンして、ユーザーに注視するための黒い画面を提供する必要があります

黒い画面はMacがシャットダウンしたか、フリーズして再起動しない限り回復できないということです

最初の30秒ほどは、黒い画面は不安を引き起こしません、しかし、時間が経つにつれて、それはより疑わしく、大惨事の結果になります

ファームウェアの問題に悩まされている多くのT2 Macで、ユーザーがそれが継続的な黒い画面の原因であると疑うようになるのは自然なことです

スポンサーリンク


さらに悪いことに、できることは、電源ボタンを押してMacを強制的にシャットダウンすることだけで、これは、問題をさらに悪化させるリスクが最も高いアクションの1つです

最悪の場合、ファームウェアの更新中にそれを行うと、更新が破損する可能性があります

したがって、唯一の賢明な方法は、Macをそのままにして、黒い画面と時計を交互に見つめることです

どれくらい時間がかかるのか?Macがフリーズしたかどうかどのようにすれば確認できるのか?

しかしながら答えは、MacのIntel側がシャットダウンされている限り、正常な状態と破損した状態を区別できないことです

できることは、期待して待つことです、もう1分・・・そんなに時間はかからないでしょう?

こんな時は、Macを放っておき、飲み物や食事をして、しばらくして戻ってくることです

そのときまでに、セキュアブートプロセスが完了し、Finderを開いているはずです

(Via Eclectic Light Company.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)