【Mac】外付ドライブをTime Machineでバックアップし、ファイルを復元する方法

【Mac】外付ドライブをTime Machineでバックアップし、ファイルを復元する方法

Time Machine

Time Machineの主な目的は、内部起動ボリュームをバックアップすることですが、内部ドライブ上の他のボリュームおよび外部接続ドライブ上のボリュームのコンテンツをアーカイブすることもできます

Time Machineの環境設定パネルをチェックして、バックアップする必要がある場合に他のボリュームが除外されていないことを確認します

Macを起動するために設定したボリューム以外のボリュームを使用して、逆方向のナビゲーションや完全な復元を簡単に行うことはできませんが、データはすべて揃っています

スポンサーリンク

  1. 外部ボリュームは、次の手段のいずれかを介してアクセスできます
  2. Finderで、外部ボリュームからウィンドウを開き、Time MachineシステムメニューからEnter Time Machineを選択します。これにより、そのボリュームの内容を参照できるビューが表示されます
  3. Time Machine の入力を選択し、サイドバーを使用してボリュームを選択します
  4. Time Machineボリューム上の「Backups.backupdb folder」を検索して開くと、内部には、各コンピューターが名前でバックアップされています
  5. 正しい名前を開き、「最新」フォルダーを開くと、すべてのボリュームがそこに表示されます

これらの外部ボリュームは、移行アシスタントを使用したり、macOS Recoveryでディスクユーティリティの復元操作を介してコンピューターを復元する場合は簡単に使用できませんが、起動ボリュームでMacを再度セットアップした後、Time Machineバックアップから後でコピーできます

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)