Apple、すべてのユーザーに対して「どこでもMy Mac」へのリモートアクセスを無効にする

Apple、すべてのユーザーに対して「どこでもMy Mac」へのリモートアクセスを無効にする

どこでもMy Mac

以前「どこでもMy Mac」が7月1日に廃止になることをお知らせしました

約束通りにAppleは7月になり Appleは、macOS MojaveとmacOS Catalinaから「どこでもMy Mac」を無効にしただけでなく、すべてのバージョンのmacOSで無効にしています

「どこでもMy Mac」は2007年にMac OS X Leopardの主要部分として導入されました

同じネットワーク上でMacの画面を共有する機能は残っており、Appleは引き続き「Apple Remote Desktop」アプリでインターネット上でMacを制御する方法を提供しています

スポンサーリンク

Apple はユーザーがこの管理ツール「Apple Remote Desktop」に切り替えることを推奨していますが、価格は¥9,800で、2017年2月以来更新(バージョン3.9)されておらず、一般的に信頼性が低いと言えますが、この7月3日には開発者にはバージョン3.9.2 betaがリリースされています

Apple Remote Desktop 3 9 2 beta 00001 z

このバージョンをサポートするmacOSがサポートが「macOS Mojave」と「macOS Catalina」になっていることから、「macOS Catalina 10.15」が正式リリースされる時に同時に正式版をリリースするものと思われます

サポート文書で説明はあるが

Appleは、サポート文書『「どこでも My Mac」から移行する方法』

複数の Mac をお使いの場合は、画面共有機能を使って、1 台の Mac からもう 1 台の Mac をリモートから表示し、コントロールできます。つまり、別の場所にいても、ファイルやウインドウを開いて移動し、閉じたり、App を使ったりできるので、いつでも必要なものに手が届きます。画面共有の設定方法と使い方については、こちらを参照してください

述べていますが、「画面共有機能」は同一ネットワーク上のMacでしか利用できなくなってしまいました

ファイルにアクセスする場合、iCloud Driveが利用できると説明していますが、これでは「どこでもMy Mac」のように、Mac上のすべてのファイルにアクセスすることはできません

スポンサーリンク

サードパーティ製代替えアプリ

Screens 4 for macOS 00001

「Screens 4」は、Macにどこからでもアクセスできます

特徴

  • カーテンモード
  • Macのデスクトップにアクセス中、デスクトップを隠したままにしておけます

  • ファイルを転送
  • ドラッグ&ドロップを使ってMac間でファイルを共有できます

  • 安全に接続
  • セキュリティ保護された接続でコンピュータに接続します

  • セッションを選択
  • 自分自身として接続したり、他のMacユーザとセッションを共有できます

  • クリップボード共有
  • リッチテキスト、URL、イメージなどをローカルやリモートのクリップボードを通して交換できますまた、同期しておくこともできます

  • 複数のディスプレイをサポート
  • 複数のディスプレイがあれば、個別に1つのディスプレイを選択することも、すべてを1度に表示することもできます

  • Touch Barをサポート


Screens 4
価格: ¥3,600
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化

ss1 ss2











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)