今秋のmacOS 10.15のスタンドアローンMusicアプリは、iTunes からの高度な機能が含まれ

今秋のmacOS 10.15のスタンドアローンMusicアプリは、iTunes からの高度な機能が含まれ

ミュージックアプリケーション

6月3日に WWDC 2019 でプレビューされる次の macOS のバージョンは、スタンドアローンMusicアプリをもたらします

ある情報筋によれば、Music for Macは株価やニュースと同じようなサブパーシャルのMarzipanアプリにはならないということです

逆に、iTunesユーザーが慣れている高度な機能の多を持っています

新しいアプリがサポートする高度な機能には、スマートプレイリスト、高度なライブラリ管理、iPod や iOS デバイスとの同期、ディスクの読み取りと書き込みなどがあります

スポンサーリンク


以前、macOSの次期メジャーバージョンである10.15に含まれる新しいスタンドアローンMusicアプリを発見しました

その記事の中で、新しいMusicアプリがMarzipanを使って作られることを述べた、それはiOSアプリがMac上で動くことを可能にします、最近では、OS の開発に精通したソースが、その情報を修正し伝えてくれました

macOS上の新しいスタンドアローンMusicアプリは、実際にはiTunesをベースとしたAppKitアプリケーションになるでしょう

Appleが音楽を重視しており、デスクトップのiTunesをもっと小さなアプリケーションに分割しようとしていて、Marzipanを搭載したMusicアプリケーションをリリースすることは iTunesの高度な機能を潰してしまうことになります

macOS 10.15上のすべてのメディアタイプのための新しい独立型アプリケーションで、iTunesは音楽だけに焦点を当てるようになり、iOSのそれと同じようにMusicに改名されると予測されます

(Via iDownload Blog.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)