ワシントン D.C. のApple Carnegie Library が土曜日にオープン

ワシントン D.C. のApple Carnegie Library が土曜日にオープン

Apple Carnegie Library

Mount Vernon スクエアのCarnegie Libraryには、125年の歴史を誇るワシントンDCの歴史協会が所有、運営するKiplinger Research Library、3つのギャラリー、美術館店を含む新しいDC History Centerもあります

建物を元の壮大さに戻すために、Apple は保全の専門家と協力して、歴史的なファサードを慎重に保存し、室内空間を元の足跡に戻し、特徴的な20世紀初頭のディテールを復元しました

Foster + Partnersは、アップルの最高デザイン責任者、Jony Iveと密接に協力して、この文化的アイコンに新たな命の恩恵を与えました

Ive氏は「私は古くて新しいものとの相乗効果、歴史的な織物と現代的なデザインの並置が大好きです。人生の「新しい」局面において、Apple Carnegie Libraryは私たちが創り出す製品についての私たちの考えや興奮を共有する一方で、人々にコミュニティの感覚を与え、創造性を奨励し育てるための方法となるでしょう。ワシントンDCの人々のためにカーネギー図書館を修復することは非常に名誉なことです」と述べています
Apple Carnegie Library 00003 z

スポンサーリンク


Apple Carnegie Libraryへの訪問者は、Kストリートの活気あるグランドエントリープラザに歓迎され、マウントバーノンプレイスの新しいグランドエントリー階段は、隣接するコンベンションセンターと隣接するショー地区への魅力的なルートを作ります。南部のバーモント州の大理石のファサードと彫刻は完全に修復されています
Apple Carnegie Library 00002 z
店の従業員の半分近くがワシントンDCの居住者で、他の人たちはこの地域と国を越えてアップルの店に加わっています。チームはアメリカ手話に堪能な20人以上のチームメンバーを含む27の言語を話します

Apple Carnegie LibraryとDC History Centerは、土曜日の午前10時にマウントバーノンスクエアのCarnegie Libraryにオープンします

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)