macOS 10.14.5以降、新しい開発者IDで作成されたMacアプリには公証が必要

macOS 10.14.5以降、新しい開発者IDで作成されたMacアプリには公証が必要

ユーザーの信頼をさらに高めるために

Appleは本日、更新された開発者向け文書をリリースしました。macOS 10.14.5の時点で、新しい開発者IDで配布されるすべての新しいソフトウェアは実行するために公証されなければならないことを開発者に知らせています

Apple は今後、すべてのソフトウェアに対して公証をデフォルトの要件にすることを計画しています
Notarizing Your App 00001
MacOS 10.14.5 以降では、すべての新規または更新されたカーネルエクステンションと、開発者 ID で配布する新しい開発者からのすべてのソフトウェアは、実行するために公証する必要があります

将来のバージョンの macOS では、すべてのソフトウェアに対して公証がデフォルトで必要になります

公証は、悪意のある Mac アプリからユーザーを保護する目的で Mac アプリストアの外部に配布されたアプリの macOS モハベで導入した新しい概念です

スポンサーリンク


Macアプリ開発者は公証を受けるために自分のアプリをAppleに提出することをお勧めします

また、Apple公認アプリには、アプリがマルウェアではないことをユーザーに安心させるためのより合理化されたGatekeeperダイアログを含みます

macOSのGatekeeper機能が余分な警告なしにMac App Store以外のアプリをインストールするするために必要な開発者IDを、AppleはMac App Store以外の信頼できるデベロッパーに提供します

macOS 10.14.5の新しい要件では、開発者IDで Mac アプリを配布する新しい開発者は、自分のアプリがMac上で動作するために公証プロセスを通過する必要があります

公証プロセスは、Mac App Store以外のアプリケーション用に設計されており、Mac App Storeに送信されるアプリケーションには必要ありません

(Source Apple , Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)