米国で10代の若者の86%が次のスマートフォンとしてiPhoneを選択予定

米国で10代の若者の86%が次のスマートフォンとしてiPhoneを選択予定

86%がiPhoneを計画

Piper Jaffrayによると、最近発表された8,600人の米国の10代の調査で、これまでよりも高い86%が、AppleのiPhoneを次のスマートフォンとして選択する計画があることが分かりました

Appleの最も安価な2018年モデルはiPhone XRで、通常は749ドルからです、トレードインや他のプロモーションを通してそのコストを下げることは可能ですが、10代の若者にとってはiPhone 7や8のような古いハードウェアを買うのが現実的かもしれません

他の調査によると、Piperは毎日のビデオ利用では無料のGoogleプラットフォームが普及しているにもかかわらず、YouTubeの33%を越えてNetflixが38%と最も人気があることが分かりました

Huluは、今秋Apple TV +の 今後の取り組みを示唆していますが、わずか5%で4位で3位のケーブルテレビの16%に後れを取っています

スポンサーリンク


また、Piperは 46%でSnapchatが10代の若者のトップソーシャルメディアプラットフォームであり、それに続いてFacebookのInstagramが32%であるとしています

大人の間で人気があるけれども、Twitterは6%、Facebookは5%とPinterestは1%と言う結果になっています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)