macOS Mojave 10.14.4のSafariでは、ダークテーマのWebサイトで自動ダークモードが可能に

macOS Mojave 10.14.4のSafariでは、ダークテーマのWebサイトで自動ダークモードが可能に

MacOS Mojave 10.14.4 Developer beta

先週リリースされたmacOS Mojave 10.14.4 betaのSafariは、macOS Mojaveの新しいダークモードを補完するためにWebサイトが自動的にスタイルを調整することが可能になります

昨年10月24日にAppleはSafari Technology Preview 68をリリースし、ダークモードコンテンツのスタイリングのための好みの配色メディアクエリーをサポートしました、この実験的な機能は、MacOS Mojave 10.14.4 Developer betaに同梱されているSafariに搭載されています

この非常に便利な機能は、Safariのメニューの「開発」>「実験的な機能」>「Dark Mode CSS Support」で手動で有効または無効にできます
Dark Mode CSS 00002

スポンサーリンク


このまま変更なくmacOS Mojave 10.14.4がリリースされれば、システム環境設定でmacOS Mojaveのダークモードをオンにすると、それに応じて訪問するWebサイトのスタイルも変更されます
Dark Mode CSS 00004
これはもちろん、Web開発者に黒のテーマを実装し、新しいメディアクエリを採用することを要求します
Dark Mode CSS 00003
これはSafariのmacOS Mojave 10.14.3以前では機能しません

macOS Mojaveのダークモードの最大の煩わしさは、現在Safariが新しいメディアクエリをサポートしていないことです

macOS Mojave 10.14.4では、AppleのWebブラウザSafariはWebサイトが自動的に明暗システム外観のスタイルを変えることができるようになります

(Via iDownload Blog.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)