【Mac】マクロツール「Keyboard Maestro」にTextExpanderから簡単に移行する方法

【Mac】マクロツール「Keyboard Maestro」にTextExpanderから簡単に移行する方法

Keyboard Maestro とは

Keyboard Maestro」は、様々な処理を自動化出来る Mac用のマクロツールです

ランチャーの「DrogThing」が32bitで64bitに対応しないことを表明していて、台替えを探さないといけないこと、TextExpanderがサブスクリプションに移行していてその台替えをと考えて、以前に購入していました

そろそろ取り掛からないといけないと考えながら、これらのアプリケーションが問題なく利用が出来ていたので、ついついほったらかしてそのままになっていました

他にも「Retorobatch」など、購入したまま手付かずのアプリケーションがあり「Keyboard Maestro」から手始めに設定することにしました

スポンサーリンク

TextExpanderからスニペットをインポート

自動化したいことも色々あるのですが、取り敢ず TextExpanderからKeyboard Maestroに移行することに

「Keyboard Maestro」のサイトには「Macro Library」があるので、ここで探してみることに

「TextExpander」で検索をすると案の定『“Import TextExpander Group” Macro』なるマクロがアップされていました

これを参考にインポートをすることに

  1. 「TextExpander」を起動します
  2. 移行したいグループを選択しコンテキストメニューから「グループのコピーを保存」を選択します
  3. TE to Keybord Maestro 00002

  4. “Import TextExpander Group” Macro』から「Create Text Expansions macro」をクリックしてダウンロードします
  5. TE to Keybord Maestro 00009a

  6. ダウンロードした「Import TextExpander Group.kmmacros」をダブルクリックします
  7. TE to Keybord Maestro 00010

  8. 「Keyboard Maestro」インポートされます
  9. TE to Keybord Maestro 00004

  10. 先程「TextExpander」から保存したファイルをFinderで選択します
  11. TE to Keybord Maestro 00006

  12. 「Keyboard Maestro」のメニュー「File」>「Run Macro」を選択します
  13. TE to Keybord Maestro 00007

  14. これで、TextExpanderのスニペットがインポートされます
  15. TE to Keybord Maestro 00008

これから、自動化したいことがあるので「Keyboard Maestro」を「Macro Library」を参考にしながら、使いこなせるようにして行こうと思います











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)