自分のiPhone、iPadのバッテリーの健全情報を調べてみよう!

自分のiPhone、iPadのバッテリーの健全情報を調べてみよう!

iPhoneのバッテリ問題

本日、Appleは古いバッテリーを搭載したiPhoneでのパフォーマンスに関して謝罪の文書を公開し、一時的に交換価格を下げることを発表したことをお伝えしました

パワーマネージメント機能は、iOS 10.2.1 for iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iOS 11.2 for iPhone 7、iPhone 7 Plusで導入されました

Apple は、デバイスの温度、バッテリの充電状態、およびバッテリのインピーダンスの組み合わせを調べることによって、パワーマネージメント機能が動作することを説明しています

したがって、iOSの電源管理機能は、これらの変数が必要な場合はiPhoneの速度を低下させるだけでなく、iPhoneのバッテリーの健全性が低下しているため遅くならないことに注意することが重要です

iPhoneのバッテリーの状態を確認して、バッテリーを交換する必要があるかどうかを確認する方法です

スポンサーリンク

  1. coconutBatteryアプリをダウンロードします

  2. ここから、MacでcoconutBatteryアプリをダウンロードします

  3. iPhoneをMacに接続します

  4. iPhoneをLighteningケーブルでMacと接続します

  5. coconutBatteryを起動します

  6. CoconutBattery 001

  7. iPhoneの電池の健全性をチェックする

  8. 「iOS Device」タブをクリックしますフル充電容量(iPhoneの現在のバッテリー容量)、設計容量、サイクル数など詳細が表示されます

これは、1年強使ってきた、私の「iPhone 7 Plus」の結果です

  • 「Current charge」:現在の充電状況
  • 「Full Charge capacity」:現状で充電できる容量
  • 「Design capacity」:設計上の容量

CoconutBattery 002

これから判断すると

  • 「Current charge」:2,607mAh
  • 「Full Charge capacity」:2,875mAh
  • 「Design capacity」:2,900mAh

で、私の「iPhone 7 Plus」の状況は充電残が、90.7%で、バッテリは99.1%に劣化しているのが解ります


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)