【Mac】「macOS High Sierra」のファイルシステム「APFS」はFinderを加速する

【Mac】「macOS High Sierra」のファイルシステム「APFS」はFinderを加速する

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

ファイルシステム「APFS」

Appleは、「iOS 11」「macOS High Sierra」で新しいファイルシステム「APFS」に変更しました

「iOS 11」では、ファイルシステム「APFS」で空き容量が増えるなどのメリットが報告されています

Appleの新しいファイルシステムは、フラッシュメモリメディア上で使用するために他のものの間で最適化されており、特に暗号化されたデータの使用を理解しています
直接目に見える改善が現代のコンピューティングの標準規格への適応に起因している、いわゆる「コピーオンライト」は、不要なファイルのコピーまたはコピー操作が回避されることが保証されます


Wikipediaによると、

コンピュータ内部で、ある程度大きなデータを複製する必要が生じたとき、愚直な設計では、直ちに新たな空き領域を探して割り当て、コピーを実行する。 ところが、もし複製したデータに対する書き換えがなければその複製は無駄だったことになる。
そこで、複製を要求されても、コピーをした振りをして、とりあえず原本をそのまま参照させるが、ただし、そのままで本当に書き換えてはまずい。原本またはコピーのどちらかを書き換えようとしたときに、それを検出し、その時点ではじめて新たな空き領域を探して割り当て、コピーを実行する。これが「書き換え時にコピーする」、すなわちコピーオンライト (Copy-On-Write) の基本的な形態である。

スポンサーリンク




「macOS High Sierra」の新しいファイルシステム「APFS」で容量の大きなファイル(10.7GB)のコピー&ペーストをしたビデオです




画像元:ifun.de
(Via ifun.de.)

いや〜、どの機種を使っているのかが不明ですが速いですね


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)