「iOS 11」には、5種類のタップがあるが、混乱することはない

「iOS 11」には、5種類のタップがあるが、混乱することはない

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

タップ

10年前にiPhoneが発売されたとき、2種類のタップがありました

「iOS 11」には、5種類のタップ&プレスが存在します、これはiPadで使用される新しいシステム全体のドラッグアンドドロップ機能にも及んでいます
また、AppleがiPadで3D Touchの圧力感受性を模倣しようとしています

「iOS 11」での5種類のタップ

  1. タップ
  2. ドラッグ&ドロップするための長いタップ
  3. アプリを削除/移動するために長いタップ
  4. ドックエキストラメニューをポップアップするための特別な少し長いタップ
  5. 通知をタップ(または長押し)で、エクストラにアクセス

スポンサーリンク



ドラッグ&ドロップするための長いタップ

ドラッグ&ドロップで、iOS 11のタッチインタラクションの新しい種類です
機能的には、元のiPhoneに戻ってきたアイコンを並べ替えるのは古い機能ですが、より早く起動します

一時停止しなければならないような気分にならないように時間を計っているので、アイコンが暗くなって少し膨張するので、タッチがいつアクティブになったかを知ることができます


Drag and drop ios 11 pop


ドックエキストラメニューをポップアップするための特別な少し長いタップ

ドラッグを開始するのに十分な長さをタップしてドラッグする前に離れると、新しいバブルがアプリアイコンの上にポップアップ表示されます

ファイルには最新ファイルのリストが表示され、Pagesには最近のページファイルが表示されます

実は実装が奇妙なので、正式版では洗練されたものに修正されるのではないか

通知をタップ(または長押し)で、エクストラにアクセス

iPadでのみで、iPhoneでは3D Touchを使用する場合は何も起こらないようになっています

「iOS 11」では、3D Touchをしているかのように押すと、ジェスチャーが機能し通知のプレビューが開きます(たとえば、メッセージに返信することができます)

また、アプリでも動作し、マップで情報カードをポップアップ表示します

それはiPhone上で3Dタッチのように多く働いていますが、圧力に敏感な画面がなくても機能します

画像元:Cult of Mac
(Via Cult of Mac.)


自分では実際に使っていないので何とも言えないのですが、タップの違いがわかりやすいのではないかと思います

これまで「iOS」はiPhone主体のOSでそのためにiPadの大きな画面を使う利点が損なわれてきたように思います、今回の「iOS 11」に関して言えばAppleは iPadにも力を入れていくのだと言うことが感じられます

iPadでは、3D Touchが実装できない理由と言うのが在りましたが、iPadに合った操作方法が実装され、iPhoneとで操作に問題が起きなければ良いことだと思います


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)