【Mac】2016年、私が愛用するメニューバー常駐アプリ その1 クリップボードマネージャー「Copied for Mac」

【Mac】2016年、私が愛用するメニューバー常駐アプリ その1 クリップボードマネージャー「Copied for Mac」

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

メニューバーに常駐するアプリ

作業を円滑に進めるために、Mac起動時に同時に起動するアプリを利用しています

2016年最初から利用しているアプリケーションを紹介していきたいと思います、来年になればまた違ったアプリケーションに置き換わっていたりするでしょうが、現在利用しているアプリケーションです


最初はクリップボードマネージャー

生産性を高めるためにコピーやペーストは頻繁に利用するのではないでしょうか、ましてやMacやiOSデバイスを複数台利用しているとiPhoneで作業をしていて続きをMacでとか、その逆だとか

MacとiOSデバイス、Mac同士、iOSデバイス同士色々なケースが在ると思います

コピー&ペーストは結構頻繁に利用すると思うので、これらがシームレスに使えると生産性が上がると思います



今回紹介するのは、iCloudを介しMacもiOSデバイスもすべてをシームレスに同期できる、クリップボードマネージャー「Copied for Mac」です


「Copied for Mac」

「Copied for Mac」の特徴は

  • テキスト、リンク、画像 (JPEG, PNG, GIF, TIFF, BMP)のコピーをサポート

  • テキスト、リンクや画像のコピーは500個まで保存されます

  • バッチ操作も可能で複数の切り抜きを選択し、コピーを実行、マージ、リストに追加、削除、またはドラッグ&ドロップできます

  • テキスト変換を使用して、コピーしたテキストを変更できます。

  • 保存したテキスト、リンク、画像を他のアプリケーションやソーシャルネットワークとシェアできます

  • 用途別に複数のリストを作成できます

  • iCloudで同期します

  • 「Copied」をインストールしたMac.iOSデバイスで自動的に同期します

2016 menubar 009


「Copied for Mac」の各種設定

・「General」と「Sync」
一般的な設定とiCloudとの同期設定


2016 menubar 010



・「Templates」と「Hotkeys」の設定
テンプレート設定とショートカットキーの設定


2016 menubar 012












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)