【Mac】アプリケーション「写真(Photos).app」を使うために(その6 ライブラリを使い分ける)

【Mac】アプリケーション「写真(Photos).app」を使うために(その6 ライブラリを使い分ける)

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。


複数のライブラリ

「Aperture」や「iPhoto」と同じように「写真(Photos).app」は複数のライブラリを持つ事が出来ます

「写真(Photos).app」で複数のライブラリを使う場合その一つを「システムフォトライブラリ」とする事が出来ます

・「システムフォトライブラリ」のメリット

  • システムフォトライブラリの写真は、iMovie、Pages、Keynote などのAppで使える
  • 画像をデスクトップピクチャやスクリーンセーバーとして使える
  • iCloudフォトライブラリ、iCloud 写真共有、「自分のフォトストリーム」は、システムフォトライブラリでのみ使える

と言うことは、一眼レフなどで撮影した容量の大きいファイルを「iCloudフォトライブラリ」にしないことでiCloud Driveの容量を多く必要としないと言う事になります

それ以外に、プライベートと公開とでライブラリを分け公開を「システムフォトライブラリ」とすることで、iPhoneやiPadで人に見せる場合に気を使わなくても済むと言う事も言えます


ライブラリの作成と「システムフォトライブラリ」の指定方法

すでに現在ライブラリが在るものとして…

  1. オプション(⌥)キーを押しながら「写真(Photos).app」を起動します
  2. 「ライブラリ」の選択画面が表示されます
  3. Liblary 001

  4. 「新規作成」ボタンをクリックします
  5. Liblary 001a

  6. ライブラリ名を付けて「OK」ボタンをクリックします
  7. Liblary 002

  8. まっさらな「写真.app」の画面が表示されるので終了します
  9. Liblary 003

  10. 再度、オプション(⌥)キーを押しながら「写真(Photos).app」を起動します
  11. Liblary 004

  12. これまでの「ライブラリ」を選択して起動します













LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)