キーチェーンや1Passwordに登録していたのに、突如サイトにログインできなくなって、悪戦苦闘した顛末記

キーチェーンや1Passwordに登録していたのに、突如サイトにログインできなくなって、悪戦苦闘した顛末記

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

USで取得したドメインのサイトにログインできなくなって大変でした、皆さんもお気を付けを

経緯

1999年に現在のドメインをRegisterComと言う所で取得しました

当時は国内でドメインを取得するところも少なく、USでCOMのドメインを取得するとお得でした

これまでログインするのはキーチェーンに登録していて問題なかったのですが、病気や入院をしていて一年以上アクセスをしていなく、いざログインしようとするとパスワードで跳ねられました

1PasswordでログインIDとパスワードを確認しても同じなのです

パスワードの再発行の罠

パスワードの再発行機能があるのでそれを利用しようとしたら、当時利用していたプロバイダーのメルアドで登録していたのでメールを取得出来ませんでした

パスワードをリセットしたため、色々なパスワードをもう試す事も出来ません

英語は得意ではないので、翻訳サイトを利用してメルアドを変更しているので、メールを取得出来ないのでどうすれば良いかを問い合わせしました


「Email Address Change Form」への記入

先方から所定のPDFファイルかWordファイルが有るのでこれに記入してくれとの事でした

Domein 002a


当然と言えば当然の事ですが、全て英語なのでまたまた翻訳サイトで訳しましたが、よく分からない点も色々とありました

その時は登録したメールアドレスが何だったか覚えていませんでした
幸いな事に、「WHOIS」で表示される個人情報を非表示にしようとして、英語だったので調べないといけないしと思い忘れたままだったので検索をかけて知ることが出来ました


Domein 002

「Government Photo ID 」や「Signature 」と「Print Name」の違いなど日本では普段は使わない言葉で悩みました


Domein 004


おそらく日本なら免許証と印鑑で済んでしまうのでしょうが…

ただ私の場合は、引越しをして住所が変わっています、確認が取りにくいと言う余計な問題も抱えてました



スポンサーリンク

顛末

よく分からないところは空欄のまま、登録した時のメルアドや住所を入力して返送しました

まず一回目は記入漏れがあるので、全て入力して送る様にとのメールが届きました、私が期待していたのは何処何処が漏れてるからと言ってくれるかな?だったのですが…そう甘くはなかった(;´д`)

USには政府発行の写真付きのIDナンバーが有るのかな?日本で言うとパスポートの様なものか?

パスポートほ持っていないので免許証を写真に撮って名前は入力と手書きてPDFに入力

免許証は、引越しはしたけれど表はそのままで新住所は裏側に記入されていたので使えるかな?と
何もこれに関して言ってこなかったので使えたのかな?闇の中です(;´д`)




そうすると、「Signature」の所は手書きでと書かれたメールが届きました


Domein 005


これを手書きにして変更したPDFファイルを添付してやっとパスワードの変更が出来ました

今回はUSサイトという事もあって苦手な英語が余計なネックになりましたが、日本でも同じ様なものだろうと思います

何処だったか忘れたのですが、自宅に書類を送るので記入・捺印して返送と言うのがありました

この時は区役所に行って住民票・免許証(引越しをしていたので表と裏)のコピーをとって返送したところがありました

一年前に引越しし、気がつく限りの登録サイトやネットバンキングやクレジットカードを変更したのですが、普段はほとんど使う事のない今回のサイトに関しては漏れてました



教訓

  • 英語が得意でない場合は、出来るなら日本で

  • メルアドは変更しないメルアドを使う

  • 変更しなければいけない時は速やかに




今回の事を踏まえて、ドメインの管理を国内でしようと思いました、これについても色々と調べないと・・・

どうしても英語でのやり取りがネックになって億劫になってしまいます


尚今回の場合のように、メールのやり取りをして他のメールに埋もれさせたくない場合は純正の「メール.app」の『VIP機能』を使ったので大変分かりやすかったです















LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)