【Mac】Adobe Photoshop Lightroom 4.4 アップデートがリリース

【Mac】Adobe Photoshop Lightroom 4.4 アップデートがリリース

• ❑ Photoshop Lightroom 4.4 アップデート

Adobeから「Adobe Photoshop Lightroom 4.4 アップデート」がリリースされています。

Lightroom 002


—– Ad 3 —–



———-

• ❑ アップデート詳細

• レンズ補正パネルの「切り抜きを固定」チェックボックスと組み合わせて使用すると、切 り抜きオーバーレイツールが誤ってサイズ変更される。

• ブックモジュール内で背景グラフィックが正しくレンダリングされない。

• メタデータをファイルに保存しても、キーワードや GPS メタデータがビデオファイルに保存されないことがある。

• HiDPI および Retina ディスプレイ用に「見つからないファイル」アイコンを更新。

• ソニー RX-1 用の付属のレンズプロファイルに周辺光量補正情報が含まれていない。

• 現像モジュール内のプレビューが最新の調整で更新されない。

• ブラシでペイントしているときに正方形のタイルが発生する。

• 縦方向での写真のプレビューが、現像モジュールのフィルムストリップで表示するとぼやける(Mac OS のみ)。

• モジュールを切り替えると、ブック内の画像が消える。

• セカンドモニターを接続している場合、スライドショーのときにモジュールを切り替えると、エラーが発生する。

• 以前に存在していたスタックを含む新しいスタックを作成すると、スタックバッジが誤った個数表示される。

• ピンを選択した後、部分補正効果(ブラシによる補正)が(一時的に)消える(Windowsのみ)。

• モジュール間を移動したときにブックの変更が保存されない。

• ライブラリモジュール内のフィルタースクロールバーが正しくレンダリングされない。

• 露出補正スライダーと組み合わせて使用したときに、自動階調が正しく機能しない 
(Windows のみ)。

• 現像モジュール内で「白黒」ボタンによってヒストリーが作成されない(Windows のみ)。

• 画像間を移動しているときに、新しい写真のフリンジ上に前の画像の残りが表示される。 これは、Retina 画面のみで発生する。

• RGB 色情報が ProPhoto リニアカラースペースではなく Adobe RGB カラースペースで指定される。これは、現像モジュール内でソフト校正を使用しているときに発生する。

• DNG ファイルで横方向の斑点が表示されることがある。

• ブックモジュールで、ページを追加するために使用した方法によるページ追加動作の一貫性がない

• Lightroom のセッション間でレンズ補正内の「色収差を除去」チェックボックスの状態が保持されない。

• Mac OS において、アドレス帳から連絡先を追加できない。

• Windows において、マウスホイールを使用してスライダーを移動できなくなる。



Adobe : Lightroom 4.4 アップデート Macintosh
アップデートはこちらから


















LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)