EpicのUnreal EngineがApple Silicon Macをネイティブサポートするメジャーアップグレード

EpicのUnreal EngineがApple Silicon Macをネイティブサポートするメジャーアップグレード

Epic Gamesは人気ゲーム「フォートナイト」で知られていますが、ゲームやアプリ、バーチャルセットの制作に使われる3D制作ツール「Unreal Engine」も持っています

同社は木曜日、Apple Silicon Macを初めてネイティブサポートした「Unreal Engine 5.2」を発表しました

Unreal Engine 5.2には、macOSのApple Siliconプラットフォームのネイティブサポートなど、いくつかの改良点があります

これは、Unreal EngineがRosettaテクノロジーを介して実行するのではなく、M1やM2といったAppleのチップの性能を最大限に活用できるようになったということです

フォートナイトをめぐるEpicとAppleの論争にもかかわらず、多くのプロフェッショナルがUnreal Engineに依存しているため、EpicはmacOSユーザーのために、引き続きUnreal Engineをアップデートし続けるでしょう

Appleは、クパチーノキャンパスにあるApple Parkの模型と対話できるARアプリの構築にも、社内でUnreal Engineを使用しています


Appleは2020年に法的紛争を理由にEpic Gamesの開発者アカウントを停止しようとしたが、裁判官は紛争がフォートナイトに関するものであるためAppleはそれを行うことはできないとの判決を下しました

Unreal Engine 5.2 では、プロシージャル コンテンツ生成フレームワーク (PCG) が導入されており、開発者は、Unreal Engine アセット、拡張された仮想プロダクション ツールセットである Substrate、および 3D 人体モデルの筋肉とスキンを正確にモデリングするための新しい ML デフォーマ サンプルを使用して、人気のある大規模シーンのパラメータを定義できます

開発者は今日から Unreal Engine 5.2 を入手でき、アップデートのリリース ノートは Epic の Web サイトで入手できます

(Via 9to5Mac.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)