次世代MacBook Proは「超高帯域幅」RAMを搭載するとの噂さ

次世代MacBook Proは「超高帯域幅」RAMを搭載するとの噂さ

MacRumorsフォーラムのメンバーであるAmethyst氏が共有した情報によると、AppleのM2 ProおよびM2 Maxチップを搭載した14インチおよび16インチの次世代MacBook Proモデルには「非常に高帯域幅で高速な RAM」が搭載される予定であるとのことで、同氏はMac StudioおよびStudio Displayが発表される前に製品ついて正確に詳細を明かしています

現行の14インチと16インチのMacBook Proモデルは、SamsungのLPDDR5 RAMを搭載しており、M1 Proチップは最大200GB/sのメモリ帯域幅を提供し、M1 Maxチップは最大400GB/sです

推測によると、次のMacBook ProモデルにはSamsungの最新のLPDDR5X RAMが搭載され、メモリ帯域幅が最大33%増加し、消費電力が最大20%削減される可能性があります、これにより、M2 Proのメモリ帯域幅は最大300GB/s、M2 Maxのメモリ帯域幅は最大600GB/sになります

スポンサーリンク


Bloombergの Mark Gurman氏は、次期MacBook ProはM 2 ProとM 2 Maxチップ以外にはほとんど変更がないと予想しています

現時点では、Appleニュースルームのサイトでのプレスリリースで、早ければ11月に発表される可能性が高いようです

Appleは近年、2019年に初代16インチMacBook Pro、2020年にM1チップを搭載した最初の3台のMacなど、複数回11月に新しいMacを発表しています

M1 ProとM1 Maxチップを搭載した現行の14インチと16インチのMacBook Proモデルは、2021年10月にリリースされ、ディスプレイのノッチとHDMI、MagSafe、SDカードリーダーなどの追加ポートを備えた完全に再設計されていました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)