リークされたGeekbenchのスコアでAppleのM2チップの性能を検証

リークされたGeekbenchのスコアでAppleのM2チップの性能を検証

AppleはWWDC 2022で新しいM2チップを発表しました、この新チップは当初、新しい13.6インチMacBook Airと13インチMacBook Proに搭載される予定です

興味深いことに、この新しいチップのベンチマークが、どちらのノートブックの小売販売に先駆けてオンラインで公開され、Appleの幹部がステージ上で行った主張と一致しているようです

13インチMacBook Proに搭載された新しいM2チップのGeekbenchスコアは、ベンチマークのウェブサイトに掲載されました、このベンチマークデータから、新しいチップはM1チップのクロック速度3.2GHzから3.49GHzで動作することが明らかになりました

このクロックスピードの向上は、シングルコアのGeekbenchスコアが1,919となり、M1チップの1,707と比較して11.56%向上したようです

マルチコアテストでは、M2チップはM1の7,419ポイントから8,928ポイントになり、19.45パーセント向上しています

スポンサーリンク


ステージ上で、Appleは新しいM2チップは前モデルよりも18パーセント高速であると主張しました、流出したGeekbench 5のスコアは、同社の主張と一致しています

と言うことで、昨日Macworldの記事で、M1 Pro/Max/UltraはベースのM2より殆どでパフォーマンスで上回ると掲載された事柄が、間違いないと言うことが言えます

(Via iJunkie.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)