MacのFaceTimeポートレートモード、アクティブにするにはコントロールセンターの新しいスイッチから

MacのFaceTimeポートレートモード、アクティブにするにはコントロールセンターの新しいスイッチから

macOS Montereyで導入された革新的な機能の一つに、M1プロセッサを搭載したアップルコンピュータでのみ利用可能な、FaceTimeカメラのポートレートモードがあります

新しいオプションは、必要に応じてユーザーがアクティブにすることができ、このためのスイッチはmacOS Montereyのコントロールセンターに隠されています

FaceTime portrait 002

ポートレートモードは、FaceTime会議用のMacだけでなく、ほかのアプリケーションと組み合わせても使用できます

そのため、たとえばSkypeでは、すばやく簡単に背景をぼかして、背景の棚の本の焦点をぼかすことができます

macOSのコントロールセンターは、macOS Big Sur以来メニューバーの右端に位置しており、メニューバーの時計のすぐ隣にある2つのスイッチのアイコンを介して開くことができます

スポンサーリンク


FaceTimeのように動画を記録するアプリが起動すると、コントロールセンターに「エフェクト」という新しいオプションが追加されます

FaceTime portrait 005

この「エフェクト」をクリックすることで「ポートレート」モードを有効または無効にすることができます、変更内容は、現在アクティブなカメラアプリケーションに直接表示されます

FaceTime portrait 003

ポートレートモードは、演算処理に手間がかかるため、Apple Siliconを搭載したMacでしか利用できない機能の一つです

FaceTime portrait 004

これらの制限の概要はこちらで紹介しています、例えば、次のMontereyアップデートの1つと共に提供される予定の「ユニバーサルコントロール」は、Appleプロセッサを必要とするアプリケーションのリストに載っています

サポートされていないMacでは、「ビデオエフェクト」オプションはコントロールセンターにも表示されません











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)