来週リリースされるmacOS Monterey、モデルによって機能が大きく異なるので自分のMacがどの機能をサポートしているのか?

来週リリースされるmacOS Monterey、モデルによって機能が大きく異なるので自分のMacがどの機能をサポートしているのか?

夏にAppleが発表したmacOS Montereyの詳細は、Macのモデルによって機能が大きく異なります、自分のMacがアップグレードされたときに何が得られるのかを正確に知る必要があります

macOS Montereyが来週リリースされ、その最初のリリース候補がテスト用に公開された今、Appleは最初のパブリックリリースにどの機能を搭載するか、どのモデルをサポートするかを明確にしました

日本時間の10月26日火曜日に、Appleは以下をリリースする予定です

  • macOS Monterey 12.0.1
  • macOS Big Sur 11.6.1、セキュリティアップデート
  • macOS Catalina セキュリティアップデート 2021-007

新しいMacBook Pro M1 ProおよびM1 Maxモデルの最初の出荷は来週開始されますが、これらのモデルにはMonterey 12.0がプレインストールされており、同バージョンを実行できる唯一のリリースシステムとなっています

新しいMacBook Proを購入した方は何かを移行する前にまずすべきことは、12.0.1にアップデートすることです

スポンサーリンク

macOS Monterey 12.0.1で遅れている機能

Appleは、Montereyで予定されていた機能のうち3つが、後のバージョンで搭載されることを確認しています

  • FaceTimeのSharePlay
  • ユニバーサルコントロール
  • 写真に追加される「思い出」

ユニバーサルコントロールはベータ版では有効ではありませんが、12.0.1では有効にすることができるかもしれません。そのためには、Zhuowei Zhang氏が詳しく説明しています

同氏は次のように説明しています

Ensemble.plistという名前のプロパティリストをダウンロードまたは作成し、/Library/Preferences/FeatureFlags/Domain/というフォルダにインストールする必要があります


インストール後に再起動すると、Macのディスプレイに機能が表示されるはずですが、おそらくチェックボックスの横にBETAの警告が表示されます

この機能は一般ユーザー向けではありません、実際、最初のリリース候補をテストしている方から、これではユニバーサルコントロールができないとの報告があります

また、ベータテストのままの機能として、iCloudプライベートリレーがありますが、これは現在のところ、iOS 15およびiPadOS 15と同様に一部のサイトが接続できなかったり、他のサイトが位置情報で混乱したりする可能性があります

スポンサーリンク

macOS Monterey 12.0.1で出荷される主な機能と変更点のリスト

  • FaceTimeで、ポートレートモード、グリッド表示、空間オーディオ、FaceTimeリンクなど
  • メッセージで、あなたと共有、写真コレクション
  • Safariで、タブグループ、新しいプライバシー保護機能など
  • 集中モード
  • 時間に敏感な通知を含む通知の改善
  • メモのタグとその他の改善
  • クイックメモ
  • MacへのAirPlay
  • ライブテキスト
  • ショートカット
  • マップの改善
  • マイクアクセスインジケーター
  • iCloud+で、メールの非公開など
  • HomeKitセキュアビデオ
  • アクセシビリティの改善
  • デジタルレガシープログラムとアカウント復旧の連絡先
  • オブジェクトキャプチャ
  • ブックの改善
  • 拡張言語サポート
  • GameCenterの改善
  • 低電力モード
  • すべてのコンテンツと設定を消去します(Intel T2MacおよびM1 / Pro / Maxモデルのみ)
  • パスワードペイン
  • リマインダーのタグ
  • システム全体で利用可能な翻訳
  • その他

macOS Montereyがサポートするすべてのモデルですべての機能が利用できるわけではありません

スポンサーリンク


FaceTimeポートレートモード、マップのインタラクティブな地球儀、シティ・エクスペリエンスの3つだけは、M1モデルでのみ利用可能です

空間オーディオは、M1チップを搭載したMacのモデル(2020以降)では内蔵スピーカー、有線ヘッドフォンまたはAirPodsを使用し、IntelベースのMacのノートブック(2018以降)では内蔵スピーカーまたは有線ヘッドフォンを使用し、IntelベースのiMac(2018以降)では有線ヘッドフォンを使用して利用できます

拡張現実のObject Captureは、連続した2D画像をARに最適化された写真のようにリアルな3Dオブジェクトにわずか数分で変換できますが、Apple M1チップを搭載したMacコンピュータと、Intelプロセッサ、16GB以上のRAM、4GB以上のVRAMを搭載したMacコンピュータで利用できます、処理にかかる時間は、オブジェクトの複雑さとその他の要素によって異なります

Appleは、機能の詳細と各Macでの利用可能性の一覧を提供しています

低電力モードは、MacBook(Early 2016以降)とMacBook Pro(Early 2016以降)で利用できるとなっていますがM1MacBookAirで確実に利用でき、一部のIntelモデルでも利用できる可能性があるようです

The Eclectic Light Companyは、これらの機能をモデルごとの互換性のチャートを公開しています
MacOS Monterey by model 001

実サイズのモデルごとの互換性のチャートのカラー版は、こちらで確認できます、またモノクロ版もこちらで公開されています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)