Maxonのレンダリングソフトウェア「Redshift」がmacOS向けに提供開始、MetalとM1 Macに対応

Maxonのレンダリングソフトウェア「Redshift」がmacOS向けに提供開始、MetalとM1 Macに対応

Maxonは、macOS用のRedshiftレンダリングソフトウェアのバージョンをリリースしました、これにより、3DアーティストはAppleSiliconを搭載したMacでアプリケーションを使用できるようになります

Redshiftは、デジタルアーティストやアニメーターが3Dシーン、画像、アニメーションを作成する際に使用する偏った3Dレンダリングツールです

このツールは、かなり以前からWindowsとLinuxで提供されていましたが、Maxon社は、火曜日にこのソフトウェアをmacOSに対応させたと発表しました

Redshift 00002

最初のリリースには、AppleのM1とMetalグラフィックスAPIのネイティブサポートが含まれています、ユニバーサルアプリとして意図されており、IntelベースのMacのサポートはmacOS Big Sur 11.3のリリースとともにまもなく提供されます

レンダラーを使用するために別のプラットフォームに切り替える必要のないMacベースのアーティストにメリットをもたらすだけでなく、M1の統合グラフィックスのネイティブサポートにより、ワークフローの効率が大幅に向上すると言われています

スポンサーリンク


Maxonの最高経営責任者David McGavran氏は、「2019年にRedshiftがMaxonファミリーに加わったとき、Macプラットフォームでのユーザーコミュニティへのサポートを拡張することが最優先事項でした、macOS環境で作業するクリエイターが、現代のハイエンドプロダクションの特定の要求を満たすために構築された、この強力で柔軟性のあるGPU加速レンダラを利用できることに、私たちは興奮しています」と述べています

GPUベースのレンダラーとして、このツールは、AutodeskのMayaと3dsMax、SideFXのHoudini、The Foundry Katana、Blender、Maxonの自社製品であるCinema 4Dなど、さまざまなアプリケーションで作成されたファイルのレンダリングに使用されます

Redshiftを使用するには、Apple Silicon MacではmacOS Big Sur 11.0以降、IntelベースのMacでは11.3が必要です

M1のグラフィックス以外にも、多くのMacデバイスに搭載されているGPUや、Intel Macの外付けeGPU、具体的には8GB以上のVRAMを搭載した「Navi」または「Vega」以降のGPUをサポートすることができます。対応するAMD製GPUのリストは以下の通りです

  • Radeon Pro Vega 16/20/48/56/64
  • Radeon Pro 5500M/5600M/5500XT/5700/5700XT
  • Radeon Pro Vega II/Vega II Duo(Radeon Pro Vega II/Vega II Duo
  • Radeon Pro W5500X/W5700X
  • Radeon Pro WX9100
  • Radeon VII
  • Radeon RX 5500/5500XT/5600XT/5700/5700XT

Redshiftの価格は、ノードロックライセンスが500ドル、「フローティング」ライセンスが600ドル、またはCinema 4Dとのサブスクリプションライセンスの一部として年間983.88ドルとなっています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)